2019年05月23日

北ではなく西へ

UK Map1.jpg
パディントンからは電車でウェールズに向かうわけですが、今回は北ではなく西を目指します。本来はウェールズの首都カーディフの空港に降りるはずでしたが、機内で予定を組み直しカーディフのさらに西ポートタルボットパークウェイの駅でM氏と合流することにしました。何やかんやでヒースローから3時間半もかかる旅程にうんざりです。

0E0A6613.JPG
窓からの風景写真をと思いましたが、得てしてヨーロッパの電車の窓ガラスは汚いもの。くすんだ絵しか取れません。土曜日の午後とあってか隣の席のよっぱっらご機嫌な兄ちゃんに酒を勧められましが、丁重にお断り。チョコレートも勧められましたが、腹も減っていたのでありがたく頂戴しました。

00000053-1.JPG
1927 日もだいぶ傾いてました。ポートタルボットパークウェイの駅に到着。くたくたです。

00000058.JPG
M氏の運転する車にお世話になり一時間ほど走って、ホテルにチェックイン。7000円程度のお手軽なホテルでした。

00000054.JPG
お部屋もまずまず。

00000055.JPG
ホテルにはバーしかなかったのであらかじめ見つけておいたパブに向かいましたが、サッカーの試合で盛り上がっているスポーツバーのようなところでとても入れず。ということで夕食は5ポンドのフライドチキン。主役はイモですが。

00000056.JPG
地ビールならぬ地エールを頂きます。明日に備えて早めに就寝。

00000057.JPG
翌日早朝6時前。チェックアウト前にホテルの周りをお散歩。

00000059.JPG
車で30分ほど走って目的地の駐車場に到着。0720ですが、既に先客あり。

00000060.JPG
ここは船着き場。一日150人限定で、ここから船に乗れます。事前予約ができないので皆さん早くからチケット売り場に列を作って並ぶわけです。

00000063.JPG
船とは言ってもこんな程度のボート。ほんとにこれに50人も乗れるのか疑問です。乗船料11ポンドと島への上陸料11ポンドを支払います。

00000064.JPG
1000に船は離岸、15分ほどで目指す島に到着。

00000065.JPG
上陸。天気はいま一つですが、LFA7の有名ポイントの由来にもなっているBlue Bellの紫色の花がたくさん咲いています。

00000066.JPG
30分弱歩きます。昨年夏にはシーズンをかろうじて外れて会えませんでしたが、めでたくご対面。

つづく

posted by OKB-51 at 00:13| Comment(0) | LFA7 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月20日

電車でWalseへ

00000033-1.JPG
そんなわけで一時間遅れで出発。

機内で短時間ではありますがWIFIが使用できたので、LHRからカーディフ方面の予定を組みます。ネットで電車の時刻表は手に入るものの読めないのはLHRの入国審査。当たり外れが大きいので何ケースか予定を組んでおきました。ここまでやって、翌日にいや当日に備えて就寝。

00000034-1.JPG
ようやくここまで来ました。もうすぐDOHです。

00000035-1.JPG
到着前の朝食。

00000036-1.JPG
到着、初DOHです。

00000037-1.JPG
ここで地に足を付けた記念にコレクションのマグネットを購入する予定でしたが、あまり時間もないのでLHR行きの便のゲートに向かいます。マグネットは今度カタールを使う人に託すことにしますた。

00000038-1.JPG
制裁のせいでしょうか、カタール航空以外の機体がおりませんでした。

00000039-1.JPG
いかにも的な風景でした。

00000041-1.JPG
DOHを発ったのが0900、間もなく朝食です。ロンドン便とあってUK風の朝食。

00000043-1.JPG
オーストリア上空に到着。往路の便もいよいよ終盤です。

00000042-1.JPG
軽めの昼食でピザ風のものが出て来ました。今回はLHRで車を運転する予定もないのでここでも白ワインを頂きます。

00000044-1.JPG
LHRが嫌いな二つの理由のうちの一つです。

00000050-1.JPG
1407 色々ありましたが、ほぼ定刻でようやくUKに到着。

00000046-1.JPG
さて嫌いな理由のもう一つは入国審査の長さ、しかし今回は客数も少なくその割に入国審査官の人数も多く、1時間もしないうちにこのとおり駅に到着。こういうこともあるのですね。

00000047-1.JPG
後でカタール航空に地上での旅費を請求するためのレシートが必要なのですが、パディントンまでのチケットを買う際にレシートを忘れたので証拠の足しに写真を撮影。これとクレジットカードの明細を付けて本日郵送しておきました。

00000051-1.JPG
1600にパディントン駅に到着。ここに来るのは一昨年のRIAT以来。ヨーロッパに着たのを実感する駅の作りです。これに乗って西を目指します。

つづく
posted by OKB-51 at 23:19| Comment(0) | LFA7 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月13日

1時間遅れ

自宅を出る時点で出発が1時間遅れとの情報が出ていたのですが、人も多かろうと少し早めに空港に到着しました。

00000031-1.JPG
WiFiのルーターを借りるなどした後ゆっくりとQRのカウンターへ。
しかしE-チケットを出したところ
「ドーハ、ミュンヘン、アムス経由のカーディフ行きでございますね。」
「?。ドーハ経由カーディフのはずですが?」
「...確認してまいります。」

元々ドーハでの乗り継ぎ時間が1時間25分のため、出発1時間遅れではDOH→CWL(カーディフ)に間に合わないため、QRが別便を手配したようです。
今日中の1400にはCWLに到着できるとのことだったのでやむを得ずOKしようと思いましたが、アムスで一度入国審査を受けて荷物を引き取る必要があるとか、乗り継ぎ時間が45分しかないとか後になって不安材料が噴出。どう考えても4便はリスクが大きすぎます。
責任者の人を呼んでもらって、LHRやBHXなど他の空港で降ろしてもらって陸上移動の費用を負担してもらうよう交渉。
結果として、LHRの便を取ってもらえることになりました。LHR着は1400過ぎになりますが、到底無理な4便にかけるわけにはいかないので、妥協するしかありません。今まで便では割とついていた方だったのですがね。
それまでわんさか人がいたカウンターも、ここまでの話が付いた頃には誰も居なくなってしまいました。まあこういうこともあります。

なお、あとで分かりましたが、QRはKLMの便を押さえていたようでKLMからメールがいっぱい届いていました。
アムスからの便が遅れて

ドーハ→ミュンヘン→アムス→グラスゴー→カーディフ

になりますみたいなメール。しかもカーディフに到着するのが翌日に。やはりLHRを選択したのは堅かったようです。
グラスゴーといえばイギリスの北部、スコットランドです。

00000032-1.JPG
何にせよ、飲むしかありません。

00000028-1.JPG
1時間遅れで出発。まだまだ先は長い。

つづく
posted by OKB-51 at 00:13| Comment(0) | LFA7 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月03日

2018-05-03

撮影4日目。

IMG_1920.jpg
朝6時。部屋の外はこのとおりさえない天気。

IMG_1921.jpg
予報もそんな感じ。

IMG_1933.jpg
0852 40分ちょい歩いて今日の撮影ポイントに到着。いつ降って来てもおかしくない空模様。それに光が足りません。

CJ8I8467.JPG
0950 本日の1パス目。テレコン入れて、SS1/1600で切ったのでISO2000。このぐらいのサイズなら何とか見られる程度。

CJ8I8542.JPG
1049 お待ちかねのFighterが来ました。Tonka。以前から期待していた翼を後退させた状態です。

CJ8I8555.JPG
来年3月で退役が決まっているこの機種。結局この翼の状態で撮れたのは後にも先にもこの日だけでした。

CJ8I8659.JPG
1052 3分経過して2周目。1周目より若干翼が前進。アングル的にはこういうのが一番好きですが、ここでノートリミングでこの画角にしようとすると1000mmは必要でしょうか。

CJ8I8678.JPG
もっと光があればと悔やまれます。

CJ8I8694.JPG
谷間を抜けて駆け上がっていきます。左前のポイントで撮っていた人はどんな絵を撮ったのか見てみたいものです。

IMG_1950.jpg
3000円程度の安物テントで雨と風をしのぎます。5月とはいえとても寒いのです。
テントと言っても海水浴場で使うようなサンシェイドなので傘をさすよりは良いといった程度のものです。

IMG_1951.jpg
このとおりここの強風に耐えられるようなものではありません。ですが、これでも機材と人間が潜り込んで雨をしのげるので傘をさすよりは上々です。

IMG_1946.jpg
油断するとこいつが服の隙間から入ってきます。今回はダニにも効く虫よけを持参したので食われることはありませんでした。テントを収納する直径50cm程度の袋を地面に敷いて座っていましたが、時々裏返すとこいつらが2匹もくっついていました。

CJ8I8750.JPG
しばらく間が開いて1625、待っていたのが突然来ました。晴れていれば...。翼面のベイパーが今一つなうえに光が足りません...。

CJ8I8760.JPG
背景が今一つなうえ、アングル的にも今一つ。

CJ8I8765.JPG
700mmノートリミングでこんな感じ。この機体はエアブレーキ上の"NO STEP"は1か所。

CJ8I8815.JPG
目の前を過ぎた後左に曲がってループを離脱。最近よく見る離脱パターン。

CJ8I8825.JPG
2機目は高い高いでお話になりません。分かっていれば斜面を駆け上がって撮るのですが間に合わず。

CJ8I8827.JPG
大きめにトリミング。空中給油の際にできた傷など使い込んでいる感が出てます。エアブレーキ上の"NO STEP"は2か所となって1機目とは違うのが分かります。結構適当なようです。

CJ8I8884.JPG
今日の最後は1745のRAFのC-130J。風のせいかブレブレで見られるのは送りの一枚だけ。

IMG_1961.jpg
スキャナーも静かになったので18時過ぎに下山。途中フンコロガシの写真を撮りながらゆっくり降ります。慌てたのでピンがは行けにあっているのが情けない。

IMG_1972.jpg
街のレストランでまずは水分補給。

IMG_1973.jpg
ステーキ付きのフライドポテトです。どちらが主役なのかわからん。

ということで本日の成果。合計6パス。やはり一日二桁は欲しいところ。

0950 Hawk T2   1 ZK012
1049 Tornade GR4 1 ???
1052 Tornade GR4 1 ???
1625 F-15E   2 LN96202/LN92364
1745 C-130J   1 868
posted by OKB-51 at 23:32| Comment(0) | LFA7 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月25日

LFA7 in August

3年ぶりの夏の訪問となりました。結果は...。

iphoneで撮影した写真で手短に。

IMG_2116.JPG
金曜日の飲み会の2次会の後に日付が変わる前にHND近くのナインアワーズにチェックイン。成田のものと同じく実に快適でした。

IMG_2119.JPG
0635発の便のため空港近くに前泊しないといけなかったのです。

IMG_2120.JPG
ここはAir Franceの夜便で使うゲートでした。

IMG_2122.JPG
これに乗って香港へ。

IMG_2123.JPG
香港に到着。

IMG_2136.JPG
飛んでLHRに到着。入管で並んだ列はハズレでした。

IMG_2140.JPG
レンタカー屋へ行くためのバス停を目指します。

IMG_2142.JPG
ここでHertsのシャトルバスを待ちます。意外と便利ですね。

IMG_2143.JPG
ほどなくシャトルバスに乗車。

IMG_2144.JPG
今回の相棒はTOYOTAのハイブリッドです。既に20時を回っていますので先を急ぐ。

IMG_2149.JPG
今回は北ではなく西を目指します。途中から大雨に。

IMG_2150.JPG
ホテルにチェックインしたのは23時前。疲れた。

IMG_2152.JPG
晩飯はこれで我慢。

IMG_2155.JPG
夜が明けて移動途中も雨は続く。

IMG_2162.JPG
ここまで来たものの目的地の島に渡るには現金が必要なことが発覚。困った。

IMG_2163.JPG
GoogleでATMを検索して10km以上離れたところにあるスーパーに現金を引き出しに。カード社会とはいえ最低限の現金はやはり必要であることを痛感。

IMG_2166.JPG
ついでに朝飯を購入。物価の高いこの国でもスーパーで買う乳製品とパンは比較的安くておいしい。

IMG_2197.JPG
島に上陸後も雨にはやられましたが、お昼過ぎには素晴らしい天気に。

IMG_2199.JPG
ここが本当にUKかと思うくらいの場所でした。

IMG_2216.JPG
北に3時間走っていつものDolgellauに到着。夕飯。ビールはCarling。

IMG_2220.JPG
月曜の朝飯。今回は結局フルにはせずに具を毎朝注文するスタイルにしました。

IMG_2227.JPG
初日はここ。

IMG_2244.JPG
2年ぶりにステーキハウスへ。ビールはCoors。部屋が暗すぎてメニューが読めん。

IMG_2254.JPG
今日はここ。光が足らない...。

IMG_2263.JPG
3500円の安物テントは一応役に立ちました。

IMG_2267.JPG
火曜日はインド料理ではなく、バングラディッシュ料理のお店へ。これまで勘違いしていたことに気が付く。

IMG_2266.JPG
ビールはCobraビール。

IMG_2313-1.JPG
今シーズンで大当たりだったのがMussels(ムール貝)。これはおいしい。

IMG_2314.JPG
今日は宿泊したホテルにあるPubで夕食とビールを。

IMG_2316.JPG
国民食のFish&Chipsもいただきました。

IMG_2327.JPG
木曜はここへ。今日はいい天気かな?

IMG_2331.JPG
Dolgellau最後の夕食。

IMG_2341.JPG
なかなか素敵なPubでした。

IMG_2346.JPG
最終日はここで。

IMG_2368.JPG
UK最後のビールはAmstel。

IMG_2373.JPG
マンチェスター空港近辺は道路工事をあちこちでやっていてNAVI通りに通れない道がたくさんあり、レンタカーを返す前に給油するガソリンスタンド辿り着くのに一苦労。

IMG_2375.JPG
ヒースロー同様、マンチェスターではまだ747をたくさん見ることができます。次回は空港で撮影もしてみたいものです。

IMG_2378.JPG
これに乗って香港へ。

IMG_2389.JPG
香港で朝食。このお粥が堪らなくうまいのです。

IMG_2395.JPG
香港についてからNRT直行ではなく台北経由であることを思い出す。行きならよいのですが、帰りにこれは結構つらい...。

IMG_2400.JPG
NRTへのランディング前に富士山を拝むことができました。
飛行機予定より遅れて既に1800前。家に着いたのは21時前。翌日出勤なので、やはり帰国は午前中にしたいもの。
posted by OKB-51 at 23:35| Comment(0) | LFA7 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月20日

Typhoon

前回の遠征の日記も途中ですが、夏の遠征が終わってしまいました。
天気に恵まれず出来高は良くない結果に終わりましたが、楽しい1週間でした。

S__34087002.JPG
いつか誰かに撮ってもらいたかった絵を現地の人が送ってくれました。

posted by OKB-51 at 22:31| Comment(0) | LFA7 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月05日

2018-05-02

早いもので8月になってしまいました。帰って来てもう三か月も経ってしまいました。

撮影三日目の朝です。

IMG_1857.jpg
0600 ホテルの窓から。雨です。

IMG_1859.jpg
今日は厳しいかもしれません。まあ、ここでは当たり前のことです。気にしないようにしましょう。

IMG_1861.jpg
0700 朝食です。ガッツリ食べてエネルギーを蓄えます。

IMG_1866.jpg
0830過ぎ。駐車場に到着。この天気なのでガラガラ。

IMG_1872.jpg
急な坂を登っているうちに太陽が顔を出してきました。これは期待できそうです。

IMG_1879.jpg
しかしポイントに到着してしばらくすると降ってきました。テントを持って来てた甲斐がありました。変な音がすると思ったらこのとおり大きめの霰?雹が降ってきました。

IMG_1882.jpg
どうにもならないのでテントで雨が止むのをひたすら待ちます。初年度にここで耐えたことを思えばこんなのは軽いものですよ。

CJ8I7766.JPG
1140 今日のFIRSTがきました。無難にSS1/1600で撮ります。

IMG_1890.jpg
雨もやみあとは待つだけ。今日のギャラリーはこんな感じ。去年、一昨年のことを思うと今年は全般的に寂しい人数でした。

IMG_1895.jpg
天気も良くなってきました。他人様のを勝手に拝借して裏山Cadair Idrisを背景に一枚。この願いが通じればと。

CJ8I7876.JPG
1351 久しぶりの15が来ました。ファインダーから覗いていて気が付きましたが、初物のF-15Cでした。しかも4機で2周。

CJ8I7881.JPG
しかし、残念なことに高い高いで背景には被らず...。

CJ8I7912.JPG
これではエアショーで撮るの変わらない残念なショット。

CJ8I7951.JPG
USAFは高度500ftの制約があるのでもっと高いポジションで撮らないといけないというのは分かっていたのですが、来ることが分からないことには。

CJ8I8016.JPG
15特有の長いリボンを引張って角を曲がって行きます。

CJ8I8053.JPG
3分待って3周目を期待していたところに来たと思ったら1機だけ?しかも今度はF-15E。縦にトリミング。

CJ8I8063.JPG
えらくこちら側に寄ったコースを取ってくれたのではみ出してしまう。

CJ8I8155.JPG
3分後に2周目が来ましたが、同じく高い高い。

CJ8I8208.JPG
1430 再びHawk T2。

CJ8I8217.JPG
この機体ZK023が2周した後、ZK036が1528と1754に飛来して2周ずつしてくれました。

IMG_1899.jpg
朝方の雨がなかったかのように天気が回復してくれました。

IMG_1906.jpg
定時の1900まで待って下山開始。今日は荒れた一日でした。明日は雨にやられないように願うばかりです。

IMG_1913.jpg
下山したころには最後の1台になっていました。

IMG_1918.jpg
本日はなじみのインド料理店へ。料理が出てきたのは9時前の2050。撮影を優先するとどうしても入店が遅くなってしまいます。元々お店も多くないこの小さな町では、遅い時間に食べられるお店が限られるのが辛いところです。

本日の成果
1140 Hawk T2 ZK036
1351 F-15C LN86171/86174/84046/84015
1356 F-15C LN86171/86174/84046/84015
1400 F-15E LN91327
1403 F-15E LN91327
1430 Hawk T2 ZK023
1434 Hawk T2 ZK023
1528 Hawk T2 ZK036
1532 Hawk T2 ZK036
1754 Hawk T2 ZK036
1757 Hawk T2 ZK036
絵的には今一つでしたがトータル17パスでした。

つづく
posted by OKB-51 at 23:13| Comment(0) | LFA7 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月22日

2018-05-01

撮影2日目です。

IMG_1826.jpg
0556 今日も天気はまずまず。

IMG_1827.jpg
西からの雨雲がこっちに来そうなあまり良い予報ではありません。

IMG_1830.jpg
朝食は7時からなので街を散歩して腹の調子を整えます。このお店で新聞を買って職場に行く人が多いようです。

IMG_1831.jpg
昨年来た時に一度行きましたが、町での人気の安くておいしいお店です。

IMG_1832.jpg
7時になりました。お食事のお時間です。メニューは全く同じ。

IMG_1833.jpg
場所が早めに来たのですが、駐車スペースはガラガラ。もちろん理由は分かりません。NOTAMに何か出ていたのか?嫌な予感がします。

IMG_1837.jpg
30分ほどで目的ポイントに到達。

IMG_1840.jpg
谷を見下ろす。今度来るときにはスマートフォンでなく一眼レフで真面目に風景も撮ろうと思います。

IMG_1843.jpg
セット完了。手前の折り畳みいすですが、この日の強風で飛ばされて遥か下まで転がってしまいました。後日探しに行きましたが、結局見つからず。強風には気を付けないといけません。

CJ8I7692.JPG
静かな午前中を過ごしたあと、1241ようやくやってきました。今回3度目のTonka。

CJ8I7727.JPG
翼を閉じて抜けて行ってほしかった...。

CJ8I7738.JPG
2019年の3月でRAFからも退役するこの機種。撮れる機会もあと何回あることか。

CJ8I7750.JPG
ループを離脱することなく回り込んでいきましたが、残念ながら2周目はなし。結局この日はこの1パスだけ。

IMG_1846.jpg
スキャナーも静かになったのとお天気も思わしくないのでまだ1630を回った所ですが、ここで今日は終了。

IMG_1849.jpg
今日も良く歩きました。体中筋肉痛です。

IMG_1852.jpg
いつもならまだ撮っている時間ですが、1816宿に戻って一休み。

IMG_1853.jpg
決して広い部屋ではないのでベットの上まで荷物だらけです。暖房を入れて雨に濡れたウエアを乾かします。

IMG_1854.jpg
夕食は街のビストロへ。まずはビールCarling。

IMG_1855.jpg
少々お高めですが、こんな田舎でもこじゃれたお食事を楽しむことができました。一番の当たりは5色のトマト。

IMG_1856.jpg
帰ってからはCOOPで買った牛乳を飲んで寝ました。やはり日曜日の登山でなく下山が効いてるようです。


つづく
posted by OKB-51 at 21:05| Comment(0) | LFA7 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月12日

2018-04-30

4/30本番初日の朝です。

IMG_1773.jpg
0611 実に良いお天気です。期待が持てそうです。

IMG_1774.jpg
雨は降らない?とは言い切れませんが、こちらも期待できそうです。

IMG_1775.jpg
近所のホテルと比べるとボリュームは少なめですが、日本人には適量といえます。一番の好物はマッシュルームです。

IMG_1782.jpg
初日は実に4年ぶりのポイントを選びました。40分近く歩いてようやく到着。

CJ8I7155.JPG
既出の動画のとおり撮影ポイントへの登り路途中でHawkの2パスにやられましたが、0904今回最初の獲物が来ました。

CJ8I7182.JPG
ゴーヨンで撮っても機体はこの程度にしか映りませんが、代わりに湖の全景は入らないというジレンマ。もっと手前に大きい機体が来て短いレンズで撮ればよいのですが、そうはうまくは行きません。

CJ8I7222.JPG
1019 通算3パス目。バランスが悪かったので16:9の縦横比でトリミング。

IMG_1791.jpg
景色を愛でて命の洗濯の時間。見通しがいいようで良くないのが辛いところ。バックに溶け込むと機体を見つけるのも容易ではありません。特にRAFのC-130の緑は溶け込みやすく要注意です。

IMG_1793.jpg
今回のフルセット。湖の全景と機体を収めようと2台体制で臨みましたが、100mm(実効160mm)でも湖全景が入らないことが発覚。ビデオ撮影もあり、結局2台目で撮ることはほとんどありませんでした。おもりを背負っていったようなものでした。

CJ8I7287.JPG
1305 お待ちかねの退役間近の機体がやってきました。11月であれば紅葉バックでいい絵が撮れそうです。

CJ8I7291.JPG
民家をバックに。

CJ8I7297.JPG
この時間帯だと湖バックは逆光気味になってしまいます。午前中に来てほしかった。

CJ8I7381.JPG
1329 再びTonka。

CJ8I7406.JPG
SS1/1600で無難に撮影。

CJ8I7429.JPG
1351 USAFのお客さんは角を曲がらず...

CJ8I7597.JPG
そのまま海まで直進。今日は視程がよいのでアイリッシュ海が良く見えます。このあと1403にまた戻ってきましたが、またまた角を曲がらずにアイリッシュ海へ。先日Youtubeにこの機体からの動画が上がっていましたが、かなり大回りなループを設定しているようで、一般的には5分で戻ってくるところ12分かけて戻ってきました。

CJ8I7631.JPG
1454 RAFのC-130。SS1/160で回してみました。

CJ8I7673.JPG
1546 はるか上空を飛んでいるのを超トリミング。

IMG_1796.jpg
1653 まだまだ光はありますが、来ませんねえ。

IMG_1807.jpg
1850 日没までまだ時間はありますが、Scannerも静かになったとTonkaも撮れて満足したので下山。今日も良く歩きました。というか前日のSnowdon山の下山が結構こたえてました。

IMG_1810.jpg
春先が出産シーズンなのでしょうか。子羊がたくさんいます。茶色いマフラーとか靴下を履いてかわいいですね。

IMG_1822.jpg
泊地に到着。小さな町で食事のできるところが限られていますので、昨日と同じくホテルのレストランでお食事です。まずは水分補給。

IMG_1823.jpg
ガモンステーキを注文。これでもかというくらいのイモの量。運動はするものの食べて飲んでの生活で太って帰ってきました。

IMG_1824.jpg
以前は3パインとまでいってましたが、やはり疲れているのか2パイントで打ち止め。

本日の成果
0904 Hawk T2    2 ???
1018 Hawk T2    1 ZK021
1305 Tornade GR4 1 076(ZA614)
1329 Tornade GR4 1 076(ZA614)
1351 MC-130J    1 25760
1403 MC-130J    1 25760
1454 C-130J    1 889
トータル 8パスとまずまずでした。

つづく

posted by OKB-51 at 23:25| Comment(0) | LFA7 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月08日

2018-04-29

2018-04-28 20.09.40.jpg
時差で体内時計が狂っているせいか早くから目が覚めてしまいましたのでホテルの前を散歩してました。

IMG_1752.jpg
朝7時過ぎ。朝からいい天気です。今日はSnowdon山に行きます。登りはほぼ3/4ほど登山鉄道、残りは自力で歩いて頂上まで行って下の駅まで戻る行程です。ここに来るのも4度目になります。1年目はチケットを予約したものの悪天候で鉄道がキャンセル、2年目は5月にもかかわらず頂上に雪が残っていたため途中の駅まで行って鉄道で下山。3回目は山頂まで鉄道で行けたのですが、天気が悪くて何も見えず。
しかし今日こそは頂上からの眺めも期待できそうです。

CJ8I7003.JPG
最初の鉄道の出発が0900なので30分前にオフィスでネット予約していたチケットを受け取ります。シーズンだけあって人も多いのですが、日本の観光地ほどの込み具合ではありません。実にのんびりしたところです。

CJ8I7006.JPG
40分ほどで頂上手前の駅で停車。4月いっぱいはここまでの運用となっています。頂上まで行けるのは5月以降と決まっていますのでここから頂上までは45分ほどの歩きとなります。なんか曇ってきました。

CJ8I7015.JPG
比較的緩い斜面ですが、結構な距離に感じます。駅がこんなに小さくなりました。

CJ8I7037.JPG
頂上付近まで来ると天気もこの通り。霜が降りています。

CJ8I7038.JPG
朝ホテルから見上げたときには想像もつかないような雰囲気になってきました。

IMG_1756.jpg
山頂の駅が見えてきました。売店もあるのですが、残念ながら営業は鉄道がここに来るようになる5月からでした。

CJ8I7040.JPG
ここに来るのもこれで2度目ですが、天気には恵まれません...。

CJ8I7017.JPG
さてここからは歩いて下の駅まで行かないといけません。下りの鉄道は乗ってきた便にしか乗れないことになっています。天気がころころ変わりますが、晴れ間が出るとこんな感じに。目指す駅まで4kmくらいでしょうか。

CJ8I7066.JPG
ここに上がってくるルートはいくつかあるようで、ほぼ鉄道と並行のルートは比較的緩やかなものです。

CJ8I7106.JPG
下っているときに下から別の便が上がってきました。鉄道にもディーゼル機関のものと、蒸気機関車のものと2種類あり写真は後者。後者の方が値段は少し高いですが、席もゆったりして窓も大きいのでこちらのほうがおすすめです。今回登りに使ったのは朝一で値段の安いディーゼル機関のものでした。

CJ8I7123.JPG
駅までもう少しです。頂上から降り始めたの11時頃でしたが、既に14時前。下りだと思ってなめてましたが、結構な運動になりました。

CJ8I7125.JPG
無事下山したのでDolgellauに向かいます。途中最近旅行会社のツアーにも組み込まれている橋とカフェを撮りに寄り道をしてきました。紅葉のシーズンには屋根の草が真っ赤に紅葉するそうです。

2018-04-29 17.09.32.jpg
Dolgellauのホテルによる前に今後のために下見をして来ましたが、残念ながら位置を特定できず。またまた次回に持ち越しです。
さすがにSnowdon山を下っただけとはいえあれだけ歩いた後に往復一時間近く歩いたので途中倒れそうになりました。

IMG_1762.jpg
無事にB&Bにチェックイン。この町最大のホテルのレストランで夕食です。

IMG_1763.jpg
何とも言えん料理ですが、野菜がたくさん取れたのは貴重でした。ビールも二杯飲んだので翌日に備えて早めに寝ることにしました。

posted by OKB-51 at 23:00| Comment(0) | LFA7 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月21日

2018-04-27~28

明日は航空ファン8月号の発売日です。早いものです。いまさらですが...

IMG_1727.jpg
4/27 会社を終えてから前夜に駅のコインロッカーに入れておいた荷物をピックアップしてHNDへ。ほぼ出発2時間前の2041分到着。

IMG_1731.jpg
巴里行きの便を待ちます。

IMG_1738.jpg
日本時間4/28 0030、この時間であっても夕食は出てくるのは知っていたので、HNDでは飲まず食わずで耐えました。白ワインを飲んで早々に寝ます。

IMG_1739.jpg
日付変わって4/28 巴里を前に朝食です。あまり腹も減っていませんが、巴里での待ち時間で食べると高くつくのでこれを平らげます。

IMG_1744.jpg
0437 巴里到着。さすがにまだ真っ暗です。

IMG_1747.jpg
毎度のこと誰もいないゲートで8時発MAN行きのの便を待ちます。

IMG_1749.jpg
3時間以上ある待ち時間を利用してこれを差し替えます。今回初めての利用。こんな便利なものであればもっと早くに使っておくべきでした。

2018-04-28 06.37.47.jpg
0637 ちょっと寝ているうちにようやく明るくなってきました。

2018-04-28 07.46.00.jpg
0746 搭乗完了。

2018-04-28 08.05.13.jpg
0805 MANに到着。8時前に巴里を発って1時間飛んでMANに着くのが8時過ぎという不思議な感覚。

2018-04-28 08.35.14.jpg
0835 難なく入国審査を終えて荷物を受け取り...

2018-04-28 08.38.51.jpg
0838 外に出て少し前にMANに到着してレンタカーをピックアップしたM氏とほどなく合流。今回はちょっと入国審査で待たされましたが、それでも着陸して30分少々で外に出られるありがたさ。
I♡MCRのMCRはManchesterの略です。よく道路標識にも使われていますが、略し方がすごい。

0S9A6989.JPG
本日の予定は、MAN→Conwy城→Canarfon城→Welsh High Land Railway→ホテルへ。
Conwy城の城壁からの一枚。ここに来るのもはや5回目。

0S9A6995.JPG
小さな観光地で、お年寄りが多いのですが落ち着いた雰囲気が好きです。

0S9A7013.JPG
この辺りを巡回している観光二階建てバス。バックのConwy城は残念ながら補修中で絵になりませんでした。

0S9A7016.JPG
桜の花が咲いておりました。

0S9A7029.JPG
もともと銀行だった建物が現在ではカフェとして使われているようです。

IMG_1750.jpg
お昼は前々からここConwyにあるFish&CHipsのお店へ。

0S9A7043.JPG
30分ほど車を走らせてCanarfonへ移動。この建物でWelsh High Land Railwayのチケットを買います。イギリスのあちこちにある保存鉄道の一つでSnowdon山の麓まで連れて行ってくれます。

0S9A7048.JPG
チケットを買ってしばらくすると機関車が入ってきました。生まれて初めて見る蒸気機関車です。

0S9A7063.JPG
大戦中の飛行機と言い保存鉄道と言いこういったものを大事にする文化は素晴らしいと思います。

0S9A7077.JPG
出発までまだ時間があるのでCanerfon城の周りを散歩してみます。実に気持ちの良いお天気です。翌週の撮影もこんな天気に恵まれればと願わざるを得ません。

0S9A7084.JPG
空の感じからすると日本の初夏のような天気のように見えますが、日本人にはとても寒いのです。現地の人の中には半袖Tシャツの人もいますが、とても真似はできません。

0S9A7098.JPG
城壁を利用した街が海岸沿いに続きます。

0S9A7101.JPG
Canerfon城。風になびくRed Dragonの旗が絵になります。

0S9A7106.JPG
移動遊園地が城の近くの広場に来ていました。親子連れで大賑わいです。ディズニーランドのような大型の施設はイギリスにはないようですが、観覧車に乗っている子供を見ているとそんなのなくとも十分に楽しそうでした。

0S9A7116.JPG
我々の乗る客車を引張って行ってくれる機関車が来ました。

0S9A7122.JPG
5-6両編成だったと思います。2nd classでしたが、折角なので壁がなく、外が良く見える車両に乗ります。

0S9A7129.JPG
のどかな風景が続きます。

0S9A7130.JPG
途中何か所か駅がありますが、路線バスのように乗り降りする人がいるところだけ止まる駅と必ず止まる駅の二種類があるようです。

0S9A7157.JPG
山と牧草地が続きます。

0S9A7167.JPG
遠くに見えるのがSnowdon山。山頂には雪がまだ残っています。カーブに差し掛かるたびに先頭の機関車を写そうと企みますが、そうそううまくはいきません。
と、この辺りまでは天気が良かったのですが、この後突然の雨、しかもあられ交じり。北ウェールズの春は侮れません。おまけに機関車の煙には石炭のカスと思われるような小さい黒い砂のようなものが混じっているようでそれも一緒に降ってきます。寒さにもめげて壁のある車両に避難です。

2018-04-28 20.09.40.jpg
往復2時間の蒸気機関車の旅を終えて今晩のお宿へ移動。明日朝から登山鉄道で頂上を目指すSnowdon山の麓の駅のすぐ近くにあるホテル。お値段は66ポンドで値段の割には...まあ観光地のど真ん中ですからしょうがないか。

2018-04-28 19.29.57.jpg
明日は山登りです。飲んで食って早々に寝ると。

つづく
posted by OKB-51 at 00:00| Comment(0) | LFA7 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月11日

2018-01-05(その2)

続きです。

IMG_1618.jpg
本日の撮影者は日本人2名と現地Dolgellauから来た若者一人。彼からHarcが来ていると教えてもらいました。遠くに日が照っている場所もあり期待が膨らみます。今思えば彼はスマートフォンを見ていたので、あれで見つけたようです。

CJ8I1804.JPG
1156 4日待ってようやく来てくれました。RAFはまだnew year holidayなのかやってきたのはUSAFのMC-130Jでした。しかし、いつものとおりの低さで雪と被らず。

CJ8I1893.JPG
2周目に期待します。いつものことながらC-130の背中は絵になります。

しかし結局3分待ってもやってこず落胆。

CJ8I1915.JPG
しばらく待つこと1212今度は少し高めでやってきました。

CJ8I1963.JPG
ようやく雪バックの絵が撮れました。長かった...

CJ8I1978.JPG
SS1/500と無難な設定にしてしまいました。もう少しスローで撮るべきだったと後に後悔。

CJ8I2026.JPG
毎度のことですがこの機体の後部のドアは開いており、4名様が座ってこちらを見ていました。怖くないんでしょうかね。向こうもこちらを見て思っているかもしれません。「寒くないのかね?」って。

通算3週目を待つも目安の3分を経過しても来ず...。ビデオの電源をONにして待機していましたが、あきらめてOFFに。

CJ8I2047.JPG
またまた少し間が空いて1224、3周目。SS1/250まで落としましたが、あまり変わってない?
残念ながらまたまたいつものLOW LEVELで雪と被らず。

IMG_1637.jpg
地元の彼も去り、スキャナーも静かになり、一応の目的も達成できたこと、マンチェスターまでの道路状況も気になることから1500前に下山。彼も去年の最終日にあった人も金曜は15時過ぎたら来ないよと言ってました。傾向的にはそんな感じで大体最終日は寂しいもの。マンチェスターを目指して車を走らせます。

IMG_1645.jpg
翌日の朝ホテルから。ヒコーキ写真あるあるですが、なんですのこの天気は?


IMG_1654.jpg
これ乗って香港経由で帰ります。

カレンダーの巡り会わせから当分年末年始連休にここに来られることはなさそうです。フライトは少なかったものの、意外に積雪の少ないこの地で1パスとはいえ雪バックで撮れたのは貴重な機会でした。雪バックのStrike Eagleを撮るには住むしかないでしょうか。

おわり
posted by OKB-51 at 23:38| Comment(2) | LFA7 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月10日

焦る瞬間


初日の月曜日に登り始めて早々にHawkと分かるいつもの音とともにやってきました。


1周目は当然予想もしていなかったので、3分後の2周目を待ってIphoneで録画。まだ8時台だというのに...。まだまだ目的地までは時間がかかるのに焦る瞬間でした。
posted by OKB-51 at 22:58| Comment(0) | LFA7 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月09日

Beerとお食事

撮影の次のお楽しみは、観光、そして飲み食いが続きます。

IMG_1750.jpg
初日土曜日の昼食は揚げ物+揚げ物。タラのフライに塩か酢をかけていただきます。こちらではファストフードなのかコーラ等の飲料水と一緒に食べるの普通です。

2018-04-28 19.29.57.jpg
夜。食事は食べてしまったので覚えていませんが、ビールは1664。フランスのビールのようです。

IMG_1762.jpg
日曜の夜はドルゲスライのホテルのレストランで。一杯目はユニコーン。

IMG_1763.jpg
よおわからん料理でしたが、野菜が食べられたのは貴重でした。

IMG_1764.jpg
2杯目はCARLING。

IMG_1775.jpg
月曜日の朝。B&BのFull Welsh Breakfast。こちらは毎日変わらないメニュー。ほかのホテルのものよりも量は少なめで日本人にはちょうど良いボリュームでした。

IMG_1822.jpg
月曜夜の一杯目はGUINESS。

IMG_1823.jpg
お食事はガモンステーキ。分厚いベーコンでできたステーキといえば分かりやすいでしょいうか。

IMG_1824.jpg
2杯目はSTELLA。

IMG_1854.jpg
火曜日夜はビストロでCARLINGを2杯。

IMG_1855.jpg
ちょいお高めでしたが、日本人好みに近い味付けでした。オレンジ-黄色-緑-茶色-赤色の5色のトマトは絶品でした。

IMG_1856.jpg
物価の高いこの国でもパン、チーズ、牛乳は比較的安く手に入ります。この牛乳は1パイントで52~82ペンス。あとビールもお安いです。500ml×4缶で4.5ポンド前後で手に入ります。店で飲むよりははるかにお手頃です。

IMG_1918.jpg
水曜夜はインド料理屋で。久々のお米です。ビールはCARLING。

IMG_1972.jpg
木曜夜、ドルゲスライでの最後の夜は通称”自転車の店”で。ビールはBRAINS。

IMG_1973.jpg
今日は豪勢に?サーロインステーキです。肉とイモのどちらが主役なのか分かりません。地味にマッシュルームはおいしい。

IMG_2034.jpg
最終日の夜金曜のビールはJOHN SMITH'S

IMG_2035.jpg
またまたお肉です。ミックスグリル鳥と牛とイモ、豆、マッシュルームにソーセージ、トマト、オニオンリングと腹いっぱいです。

IMG_2053.jpg
出国前のUK最後の飲み物も1パイント0.99ポンドの牛乳。

疲れていたのかビール2パイントで部屋に帰ってすぐ記憶をなくす日々でした。幸いB&Bの部屋にはバスタブはなかったのでよって溺死することもありませんでした。

つづく
posted by OKB-51 at 00:21| Comment(2) | LFA7 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月06日

体中が痛い...

お昼過ぎに帰宅しましたが、日曜の観光で体を酷使したのが尾を引いて体中筋肉痛です。日ごろから運動してないとだめですね。
洗濯やらデータの保存が終わりましたので、いつものように一枚だけ。

CJ8I7287.JPG
Tornade GR4。ここからは秋の紅葉バックが似合いそうです。退役が近いこの機種を撮れたのが今回の収穫です。
posted by OKB-51 at 18:53| Comment(0) | LFA7 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月05日

第7シーズン終了

image-efc01.jpg
これまでにないほど身体中が痛いです。歳ですな。
これからMANからの飛行機に乗って帰ります。帰ってからの社会復帰が大変です。

現地でお世話になった皆様、ありがとうございました。
posted by OKB-51 at 18:12| Comment(2) | LFA7 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月18日

2018-01-05(その1)

泣いても笑っても今日で撮影最終日。夕方にはManchesterに移動しないといけません。

IMG_1578.jpg
0705 朝起きて窓を開けてみてもまだ真っ暗。

IMG_1579.jpg
朝のBBCの天気予報。これはいかん.....

IMG_1580.jpg
この部屋とも今日でお別れ。結局このベッドも半分しか使っていません。

IMG_1581.jpg
昨日と品数が違いますが、気にしない。

IMG_1582.jpg
オフシーズンとあってホテルのレストランもがらんがらん。これが5月になるとなかなか注文が出てこないほど宿泊客で溢れかえります。

IMG_1583.jpg
駐車場に出ますが、車が濡れてます。寒いし...

IMG_1584.jpg
有名ポイントの駐車場に到着。おっ、求めていた景色が。

IMG_1585-1.jpg
最終日にしてようやくツキが回ってきたと喜ぶのでありました。寒いけど。

IMG_1589.jpg
一応簡易アイゼンを持ってきましたが、それほどではありませんでした。

IMG_1605.jpg
大した積雪ではありませんが、寒いです。準備してきた防寒着が役に立ちました。厚手の下着/フリース/フリース(その2)ジャケット//ダウンジャケット/防水防風仕様の雨具を着込みます。

IMG_1609.jpg
今日こそは来ると期待してSCAN開始。

IMG_1615.jpg
晴れてきました。こういうのを見られただけでも来た甲斐があるというもの。

IMG_1620.jpg
来ませんねえ。
posted by OKB-51 at 23:39| Comment(0) | LFA7 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月16日

2018-01-04

さて撮影3日目になりました。未だゼロパスが続きますが、今日こそはと期待したいところです。

IMG_1565.jpg
朝は定番のこれ。ゆっくり食べて駐車場まで車を走らせます。

しかし雨が降ってなかなかやみそうもなく時間ももったいないので海岸沿いの街Barmouthに行ってみることにしました。

0S9A6710.JPG
Coopでお土産用のお菓子を買い占めます。

0S9A6715.JPG
夏にはリゾート地としてにぎわうこの海岸もこの雨と風ではだあれも歩いていません。

IMG_1567.jpg
再び撮影ポイント駐車場に戻ってきましたが、お昼を過ぎてもこの状態。既に1243ですが、車から出られず...。ここで今日は断念して観光に切り替えます。この時点で3連続坊主が確定。

0S9A6719.JPG
目的地まではひたすら狭い山道を車で走ります。途中風景写真を撮りながら。

0S9A6723.JPG
くねくね山道を30分ほど走らせて目的地の湖到着。青空も見えてますが、飛行機のことはあきらめるためScannerのスイッチはオフにしておきました。

0S9A6752.JPG
ここは有名なダムのある湖。

0S9A6739.JPG
LFA7に位置しており、この上も飛行機が通過する撮影ポイントであります。

0S9A6746.JPG
ダムから水が放水される川を。水が真っ黒く見えるのは気のせいでしょうか。

IMG_1571.jpg
いつかはここで撮影をと考えていたのでちょうどよい下見なりました。

IMG_1569.jpg
遅めの昼食です。湖の名前Vyrnwyは”ヴァーンウィ”と読むのだそうです。お店の人に教えてもらいました。ウェールズ語の読みは難しい。

0S9A6786.JPG
ホテルに戻ってきました。まだ1647ですが、既に真っ暗です。

真面目に撮影している春夏シーズンはこんな時間にDolgellauの街をあることもないのでお土産がないか探してみましたが、いわゆるお土産屋さんがこの街にはありません。かろうじて小さいおもちゃ屋さんで見つけました。

IMG_1689.jpg
マグネットとコースターです。コースターは英語バージョンとウェールズ語バージョンの二種類ありましたので、ウェールズ語のものを購入。ようやく町の名前の入ったお土産が手に入りました。

IMG_1576.jpg
寝る前に明日のお天気。雨ではないようですが...。あと一日。

つづく
posted by OKB-51 at 23:28| Comment(0) | LFA7 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月18日

2018-01-03

花粉も大量に飛び始めすっかり春ですね。
今年も日曜の朝早起きしてHNDに富士山バックの上がりの絵を撮りに行きましたが、なかなか休みと快晴のタイミングも合わず撮れたのはせいぜい下の一枚ぐらい。この頃は霞もひどく富士山は見えず風向きも南からの風に変わりはじめ、今シーズンももう終わりやろうかと諦めモードです。
0S9A6956.JPG


さて続きです。
撮影2日目です。と言っても結論から言うとこの日もノーフライト…。

IMG_1541.jpg
0817 まずは朝食を今日は目玉焼きでなくスクランブルエッグに変えてみました。日によって品目は変わりませんが、それぞれのボリュームが変動するのは気のせい?
そういうちっちゃいことは気にしない。


IMG_1542.jpg
0839 雨は降ってないものの光が少なすぎ。


IMG_1545.jpg
0912 誰もいない駐車場に車を停めて出発。写真ではわかりませんが結構な強風です。


IMG_1549.jpg
0943 30分ほどで到着。寒い…。


IMG_1553.jpg
今日は真面目に機材をセット。光もそこそこあるので撮れそうです。来てくれればの話ですけど。


書くこともないので、中略...。

IMG_1558.jpg
この日はインド料理屋へ。


IMG_1556.jpg
Cobra Beerと


IMG_1557.jpg
おっさんが青いビール(ビールなはずないし)といったこれと


IMG_1559.jpg
IMG_1560.jpg
口直しにホテルのバーでAmstelなど2杯飲んでこの日は終わり。


ということで今日もヒコーキの写真なし。残り二日。

posted by OKB-51 at 21:35| Comment(0) | LFA7 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月12日

2018-01-02

久々の更新です。

英国2日目1/2の朝。

IMG_1513.jpg
いつものBBCの天気予報。晴天は望めそうもございません。


IMG_1514.jpg
それはそれで朝食を頂きましょう。
0812注文の品が出てきました。
量が多いのでトーストはお断りしました。何度食べてもなぜか飽きない。ここのホテルの朝食は朝8時からとほかのB&Bに比べると遅いのが難点ですが、この時期日の出が8時半ですのでその点は問題ありません。GWの時は早めに席についてオーダーして、ささっと食べる必要ありですが、オフシーズンでもあり客も他に少ないことからゆっくりと頂きます。


IMG_1515.jpg
0906目的地駐車場に到着。悲しいお天気です。どおにもこおにもならないのでスキャナーのスイッチだけ入れて待機(寝る)


1154雨が上がりました。スキャナーは静かなものですが、まずは行ってみましょうということで準備開始。


IMG_1520.jpg
1223 出発。


IMG_1522.jpg
1255 30分ほどで到着。やっぱり誰もいない…。日本なら在日米軍基地は本国のカレンダーで行動しているので、撮影者でごった返しているものですが、そういうものではないのでしょうか?
初年度の秋に来た時を思い出す悲しい風景です。


IMG_1525.jpg
1325 お正月でもあり、日本から持って来た丸餅をストーブで焼いてみましょう。日本人初の偉業を成し遂げた感で勝手に一杯になります。ストーブのガスボンベはスーツケースにも入れられないので、英国初日にリバプールのアウトドアショップで購入。すぐに指摘されるとは思いますが、スーツケースにボンベは入れないようにしましょう。
ささやかなお正月でした。


しかし、お天気もこの状態、スキャナーの反応もないし、英国の祝日でもある元日の次の日でもあることからこの日はフライトはなかろうとそうそうに下山。結局撮影機材も出しませんでした。昨年は1/3にベルギーのF-16が飛来しており、残り3日に期待。


IMG_1533.jpg
夕方4時にはホテルに戻りました。4時ですでにこの暗さ。


IMG_1538.jpg
夜はホテルのレストランでフィッシュ&チップスを。宿泊客は少ないものの他のお店が閉まっていることから、地元の人と思われる客で満席でした。カレンダー上は休みではありませんが、やはりまだ冬休みのようです。


IMG_1536.jpg
WIZARDと


IMG_1539.jpg
STELLAを飲んで今日はおしまい。


ということで飛行機の写真なし。

つづく



posted by OKB-51 at 23:22| Comment(2) | LFA7 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする