2020年02月02日

羽田沖クルーズツアー(第3回)

年始の第2回が残念な結果に終わったため第3回目に行ってきました。
結論から言うと第4回を予約することとなりました。うまくいかないものです。

前回と同じく午前、午後の二つあるうちの午前の部に応募0900-1230のツアーです。

0E0A5127.JPG
視程も文句なしです。

0E0A5121.JPG
富士山もくっきり。第1ターミナルから見るより富士山が大きく見えたのは気のせいでしょうか。

0E0A5147.JPG
C滑走路の沖まで来ました。?なんで山頂に雲が...。

0E0A5266.JPG
D滑走路の沖まで来ましたが、状況変わらず。おいおい。

0E0A5243.JPG
この787いい捻りを見せてくれました。

0E0A5312.JPG
A滑走路に進入してくる機体。腹のテカリ具合がよろしい。

0E0A5348.JPG
晴天のときの海面レフ効果とでもいうのでしょうか。きれいすぎてプラモデルのようです。富士山以外にもクルーズツアーの収穫が得られたといえます。

0E0A5392.JPG
この日は晴天ではあったものの前回より風が強く船は結構揺れました。この写真も機体が真ん中に来ずトリミングでしのいでいます。元画像はひどいものです。水平も撮れず上下にも揺れます。船である以上仕方ないので、ここは画像処理で対応するしかありません。

0E0A5566.JPG
ツアーも後半、復路のメインはタイの747。富士山がバックになる位置で船は微速となります。停泊してほしいところですが、船である以上泊まるより動いている方が揺れは少なくなるのでこれはやむなしです。
ちなみに前回より風が強く、船首で崩れた波の飛沫が思いっきりレンズにかかってしまいました。レンズカバーはあったほうが良いですね。少なくとも海水を拭くタオルなどは必須です。
多少雲は抜けてきたものの相変わらず。気温も上がってきて陽炎も出てきました。

0E0A5647.JPG
メインターゲットの時間ですが、結局このとおり。天候ばかりはどうしようもありませんし、富士山頂の雲の具合までは天気予報で予測もできないので、こればっかりは来てみるしかありません。
ということでまた今月のうちに再挑戦することとしました。
posted by OKB-51 at 18:36| Comment(2) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今晩は。昨日は大変失礼しました。
海面レフ?の機体の質感は唸ってしまいそうです。次回、お供出来る機会を楽しみにしています。
Posted by 北海 at 2020年02月02日 21:59
次回は2/23(日)の予定です。まだ空席はございますよ。
Posted by OKB-51 at 2020年02月11日 23:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: