2019年06月05日

羽田沖クルーズツアー

前々から行こうと思いつつも日程が合わずベストシーズンの冬をはるかに過ぎてしまいましたが、予行も兼ねて行ってきました。

料金は4700円。

00000086-1.JPG
乗っていく船はこれ。船尾の屋根付きベンチからのほか、救命胴衣を着けて船首のデッキでも撮影できます。

00000087-1.JPG
船着き場はこんなところ。天王洲アマツピアから出発。

00000088-1.JPG
ターミナル2を背景に離陸する機体が撮れます。暑い日でしたが陽炎の影響はそれほどなかったのが幸い。

00000090-1.JPG
ほどなくランウェイチェンジ。

0E0A9676.JPG
前日到着したこの機体も見ることができました。

00000095-1.JPG
悪い癖で流し撮りを始めてしまいました。SS1/100。船自体はどうしても揺れるので歩留まりは決して良くありません。できるだけふねのセンターライン上に立って撮ることをお勧めします。

00000097-1.JPG
揺れでブレ写真を大量に撮ってしまい、こういった陸上からは撮れないアングルの写真が没になってしまいました。手堅く1/1000辺りにしておくべきでした。

00000099-1.JPG
このツアーのタイトルにもある「羽田沖でジャンボ機の捕獲を狙おう」の今回のターゲットが降りてきました。

00000101-1.JPG
このツアー、日によってこのルフトの着陸と降りを狙う異なる設定があるようです。当然時間帯も変わってきます。

00000067-1.JPG
ここまで来ると離陸も撮りたくなるもの。

00000071-1.JPG
これをもう少し前から撮りたかったところ。船はC滑走路沖を南下してD滑走路エンド付近まで行って、747の着陸を撮った後、来たコースをゆっくり戻るのでこればかりはタイミング次第です。

00000075-1.JPG
ツアーも終盤です。B滑走路への降りを狙います。

00000082-1.JPG
船は誘導灯の下をくぐって行きます。

00000085-1.JPG
ここいらで時間が来たので船着き場へ戻ります。5月とはいえ暑い日で暑さにばててしまいました。次回は富士山が見える冬場に行きたいと思います。その前にルフトの離陸を狙いにいくかも。
posted by OKB-51 at 00:05| Comment(4) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。

ラストのBランアプローチが最高ですね。
いつかは屋形船にも乗ってみたいですが、酔わないか心配しているうちに酔いそうです(笑)。
ちなみに撮影ポジション争奪戦は勃発しないんですか?

TPEはLCCですか?
私もソウルの練習したいっす(笑)。
Posted by ソニックブルー at 2019年06月09日 19:48
今晩は。こんなのがあるのを知りませんでした。
最後の22の誘導灯の下からはSHIを思い出しました。
機会あったら参加してみようと思います。
TPEいかれるんですか?
Posted by 北海 at 2019年06月09日 22:46
北海さま。

今回参加したツアーはこれ↓です。
http://www.zeal.ne.jp/plan/134.html

他にも何社かあるようですが、撮影色が一番強いものです。これからの時期はつらそうです。やはり視程のいい冬場が狙いめでしょうね。
TPEは行って来たところです。乗り継ぎ以外では初台湾でした。
Posted by OKB-51 at 2019年06月10日 23:16
ソニックブルーさま。

小さい船ですが、船酔いするほどは揺れませんよ。撮影に集中していると気にならんでしょう。
オフシーズンと思われる(勝手にそう思っている)のでお客さんは少なめでした。10人ぐらいでしたので余裕をもって撮影できました。
TPEは行きはタイガーエア、帰りはチャイナエアラインの組み合わせでどちもら初のエアラインでした。
Posted by OKB-51 at 2019年06月10日 23:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: