2019年03月10日

2018 百里基地航空祭

行って撮っては見たものの結局現像だけして終わったイベントは多々ありますが、去年のこれもそうなる手前でした。すっかり忘れていました。
手短に。

初日はMach Loopでお世話になった方のご厚意で会場から撮影することができました。

0S9A5768.JPG
入場直後の人の少ない時間帯に撮影。塗装むらが何とも言えません。

0S9A5848.JPG
最近はどこに行っても会場に入ることが少なくなりましたが、やはりこういうのを見られるのは会場ならでは。フライトの内容も含めて築城とここは会場からのほうがいい絵が撮れそうです。

0S9A6007.JPG
筑波山と洋上迷彩。

0S9A6260.JPG
SS1/100ではあまり流れんかった。

0S9A6317.JPG
もう少し冒険すればよかったです。
CJ8I6840.JPG
700mm相当ノートリでこんな感じでした。会場で某有名な先生がミラーレス+ロクヨンで撮っておられました。参考にならない本に出ていた写真を見ると、やっぱり長いの欲しいと思う今日この頃。


5年弱乗ったC-4を本日手放しました。後半はほとんど乗ることもなかったので維持費もかさむことから止む無く手放すことにしました。芦屋、小松から静浜までこれに乗って撮りに行ったのを思い出すと寂しく感じます。
posted by OKB-51 at 21:16| Comment(2) | 百里基地 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月04日

CP+ 2019

毎年恒例のイベントに行ってきました。例年は午後にちょいちょいと見て帰る程度でしたが、今年はCanon Photo Circleに入った特権を活用して朝一番のセミナーからほぼ最後まで参加しました。

IMG_2605.JPG
朝10時からのキヤノンのチャーリー古庄さんのセミナー。会場40分前から並んで何とか座ることができました。CP+の会場とは別のスペースで行われていることもあってか、EOS Rのホントのところをお話しいただきました。

ef600-1.JPG
2倍のテレコンを入れてもカリカリ、あとで実物を見てきてくださいと先生も言われていた新ロクヨンの実機をCP+の会場で触ってきました。(写真を撮るのを忘れたのでキヤノンHPから拝借)
3050gと現行のゴーヨンの3190gより軽くしかも重心がカメラ側に寄っているので振り回すのはかなり楽そうです。欲しい...でも、定価1820k¥(価格.comの最安値でも1409k¥)は手が出ません...。ゴーヨンを下取りに出してもまだまだ足らず、車一台を買うぐらいの決心が必要です。こういうものは触らないに限ります。

IMG_2608.JPG
しばらく間が開いて同じくキヤノンの岡本豊さんのB787のセミナー。787に惚れ込んだと言われてましたが、写真からもそれは十分に伝わってきました。B787は最近旅客機を良く撮るようになった私もA350と共に、好きな機種のトップ2であります。機首コクピット上の曲線と主翼端の反り具合がいいと言われていましたが私も同感です。

IMG_2624.JPG
続いてNIKONのステージに移って中野先生の野鳥と飛行機のトークショー。パフィンからMACH LOOPまで楽しいお話を聞くことができました。ここからの見晴らしはこの地でもトップ3に入る風景。また行きたい.....。

IMG_2628.JPG
キヤノンのオオトリはルーク・オザワさん。大変な人で当然席にも座ることもできず片腕を伸ばしてかろうじて撮影。(当然手振れ。カメラは両手で持たないといけません)「Rで捉えた情景的ヒコーキ写真」と題してのEOS Rの写真のお話を頂きました。雲、光、周りの風景をうまく取り入れるにはその変化に気が付けるようにならないとと改めて実感。ヒコーキ撮影は深いです。
以前は1DX Mk2/5D Mk4/7D Mk2の3機種運用だったのが今ではRの2台になったとか。

今年はミラーレス一眼一色となったCP+でした。7Dの後継機などはどうなるのでしょうか?一眼レフが直ぐに廃れるわけではないでしょうが、飛行機撮影でもミラーレスのよいところは取り入れていく必要がありそうです。来年が楽しみです。

全部スマートフォンで撮ったのでろくな写真がなく...カメラを持って行くべきでありました。
posted by OKB-51 at 22:16| Comment(0) | カメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする