2017年06月22日

2017-05-01(Day 2)

CJ8I6021.JPG
泊まったホテル。

雨も止んだので0800からの朝食までの時間お散歩です。

CJ8I6040.JPG
お天気も回復基調です。

CJ8I6055.JPG
Conwyに来るものこれで3度目。それもスノードン山に登るためです。

CJ8I6057.JPG
Conwyの街。小さい街のメインストリートです。

IMG_0746.jpg
やっぱり朝はこれです。0830に朝食を取って0930過ぎに登山鉄道の駅に着くようにゆっくりしていこうとホテルをチェックアウト。近くの駐車場に向かい鍵を開けたところフロントガラスに何か貼ってあるのを発見。

IMG_0783.jpg
罰金。しかも50ポンド。早く払うと半額になると書いてありましたが、それでも25ポンド。
支払い方法にはいろいろあり、郵便局で支払う、ネットで決済等。もちろんネット決済に。帰国後カードで振り込みましたが、25ポンドでは受け付けてくれません。まずは50振り込めということでしょう。

penalty.jpg
50振り込んでもあとで25帰って来るともなんとも表示されませんでしたが、後日25帰ってきました。よくできた仕組みです。

気を取り直してスノードン山へと向かいます。

IMG_0750.jpg
いつもの駐車場のおじさんが出迎えてくれます。

IMG_0747.jpg
しかしいくら駅の真ん前とはいえ一日7ポンドは高くね?

麓では天気は良かったものの登るにつれて視界が徐々に悪くなり...

CJ8I6093.JPG
初めてたどり着いた頂上ではこの状態。
IMG_0761.jpg
4月とはいえ、冷蔵庫の中のような寒さです。

CJ8I6098.JPG
去年は雪が残っていて山頂まで汽車が運行されていませんでしたが、今年は雪はなし。しかし、標高1000mを超えているので寒いはずです。

この汽車1時間かけて頂上まで登り、30分ほど頂上に停車した後また1時間かけて下ります。チケットは往復で登ってきた便にしか乗れません。乗り遅れたら歩いて降りるしかないので注意しましょう。

IMG_0130.jpg
鉄道には2種類あってディーゼル機関車と蒸気機関車があります。蒸気機関車のほうが料金は高いのですが、人数も少なく窓も大きくて外も良く見えるのでこちらがおすすめです。蒸気機関車は真ん中に通路があって登り方向右側は一人席、左側は二人席です。
(写真は去年のものです)

3度目にしてこの結果にがっかりしたままDolgellauに向けて出発です。しかし途中でナビがおかしくなったのか、操作を間違えたのかすごいところに案内されてしまいました。

IMG_0764.jpg
この辺は牧場の中のようです。人気もなく寂しいところです。ヨーロッパの北って感じです。

wales road.jpg
帰国してからGoogle Mapで探してみましたがすごいところをNaviに案内されたようです。間違いではなく最短ルートでした。

CJ8I6120.JPG
大きな道路に出て一安心。ときには引き返す勇気も必要です。色々ありながらもDolgellauを目指します。

IMG_0770.jpg
しかしDolgellauを通過して、ホテルには行かず1時間ほど山に登って事前調査。

IMG_0772.jpg
うーん、ちょっと違う...。
来年はじっくり調査してさらに次年度に備えます。

チェックインしてwifi接続するとM氏から連絡あり、氏もほぼ同時にチェックイン。

IMG_0780.jpg
合流してホテルのレストランで夕食です。ビール三杯飲んで翌日の行き先を決め、明日に備えて準備をして寝ました。天気は良さそうです。

つづくかもしれません
posted by OKB-51 at 23:17| Comment(2) | LFA7 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月19日

2017-04-30(Day 1)

IMG_0718.jpg
何やかんやでMANに降り立つのもこれで3回目です。
乗ってきた便も737なので人も少ないもの。日本人もいません。
入国審査も過去にないほどスムーズに終わりスーツケースを受け取って1639にタッチダウンしてから32分で外に出られました。機内で入国カードを書いておけばもっと早かったでしょうね。

IMG_0724.jpg
1711 いつもの通りターミナル3を出たところで、レンタカー業者(Green Motion)指定のFEDEXのデジタル時計の前で待ちます。もちろん到着したことをオフィスに電話して迎えに来てもらうように頼みます。10分で来ると言ってましたが、実際に来たのは30分後。日曜の夕方しかも翌日は祭日のBank Holidayとあって車もごった返していましたのでやむなしです。
迎えのバンに乗り込むと去年と同じ兄ちゃん。向こうは覚えていませんでしたが、日本語でHelloはなんて言うんやとかフレンドリーに話しかけてきます。なかなかいいやつです。次回は土産を持って行ってあげましょう。このレンタカー屋さんMANの空港のすぐ近く車で3分程度ですので、LHRのように指定のバスに乗ってとか面倒なこともないのが良いところ。対応も良い、なんといってもオートマ車が問題なく確保できているのが私には助かります。今後も使わせてもらう予定です。

IMG_0730.jpg
1805 手続きもスムーズに終わり、車を確認。傷がないか係員立会いのもとチェックしておきます。前回と同じホンダJAZZでした。

IMG_0732.jpg
1809 日が暮れるまでにはConwyのホテルに入りたいので早々にエンジンをかけて出発です。

IMG_0734.jpg
1840 少し走ってサービスエリアでガソリンの補給です。日本のセルフ給油とよく似ていますが、自分で給油して店内(大体の場合コンビニと併設されてます)のレジで給油スタンドの番号を伝えると生産してくれます。日本のレギュラーに相当するUnleaded(無鉛ガソリン)を給油します。ハイオクに相当するのはUnleadedにUltimateと追記されています。また、ガソリンではなくペトロ(Petro)と言わないと通じません。ガソリン車はPetro Carです。

日本のガソリンは高いと言いますが、イギリスのガソリンも決して安くはありません。この日はレギュラーで1.269ポンド。当日のレート1ポンド=146.58円で186円です。Jazzの燃費が良かったため今回はこの1回で余りました。

IMG_0736.jpg
Conwyまでの道はほとんど高速と大きな国道でほとんど信号もないので2000時にはホテルにチェックイン。残念ながら曇っていて外は暗いですが、晴れていればまだ日没前です。

IMG_0739.jpg
イギリスのB&Bには大抵クーラーはありませんが、暖房器があります。浴室のタオルを乾かすところにもあります。大概は浴室のは蒸気が常時通っていますのでうかつに触るとやけどします。この夜は10℃は軽く切っていたと思います。

IMG_0740.jpg
寒くてしょうがなかったので勝手にバルブを開けて暖房を入れました。

Conwyはムール貝が名産とのことで食べられるのを楽しみにしていましたが、夜遅かったためお店も閉まっており断念。機内でろくに寝なかったので、近くのコンビニSPARでパンを買ってしのぎました。

この日はConwy城の夜景を撮ろうと眠かったのですが、もうひと頑張りしました。

CJ8I5987.JPG
難しいですね。

posted by OKB-51 at 22:13| Comment(2) | LFA7 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月10日

取りあえずの一枚(その2)

谷のあと静浜、宇都宮、ときどき羽田と撮りためたものがあるものの、なかなか現像に時間がさけず...。

CJ8I8260.JPG
地味に初撮りの機種でした。Typhoon T.3
posted by OKB-51 at 00:18| Comment(2) | LFA7 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする