2014年05月26日

5/2 Cad West

いよいよ最終日。さすがに疲れたのか、5時前に起きて二度寝してしまいます。

今日はどこへ行くか寝る前に悩みましたが、火曜日のリベンジに行ったCad Westへ二度目のリベンジに行くことに決定。ホテルのオーナーもいつもどおり推薦。

9時前、チェックアウトの時間です。オーナーにいいところなので機会があったらまた来るよと言って握手してホテルを出ます。テレビもネットも周りにお店もありませんでしたが、谷のど真ん中ということで気に入ってしまいました。

いつも通り9時前に Cad Westの駐車スペースに到着。車はゼロ。今日も一人か?
上空で音がするので、早々に登り始めます。木曜日の立ち位置を目標としますが、汗だくになったので少し手前で一服することに。最初は天候偵察のHawkだろうと勝手に決め込みます。そんなのはないようですが…。

しばらくするとぱらぱらと撮影者さんが。テント持参でユニオンジャックと星条旗を持った人も。You Tubeでみたことあるかな?この人。

昨日と同じパターンかと嫌な予感がしましたが、4時間近く待ってようやく来ました。今日の1機目。RAFのC-130。
IMG_0035.jpg
1314 ドアップで切ってみました。

IMG_0057.jpg
谷を抜けてCorris Cornerを曲がっていきました。残念ながら2周目はなし。今日は前日と同じくゴーヨン+5D3。この機体には少し長すぎます。

少し待って次が、今日はなかなかいいテンポでやってきます。
IMG_0082.jpg
1342 Hawk T2が2機で。

IMG_0109.jpg
こちらはCorris Cornerを曲がらずLoopを抜けていきました。

1346 待ちに待った奴が来ます。

IMG_0137.jpg
降りてきます。

IMG_0147.jpg
やはりRAFの機体と比べると高度は高い。

IMG_0169.jpg
Corris Cornerを曲がりますが、残念ながら2周目はなし。

しかし、ほとんど待つことなく
IMG_0180.jpg
1349 2機目が降りてきます。今日は湿度はまずまずあるものの光が足らんです。

IMG_0200.jpg
低い。それにここまで倒すのですかね。

IMG_0209.jpg
A/B焚いてます。月曜のBwlchでもこれはなかった。

しばらく待って、1423、3機目来ました。

IMG_0269.jpg
1機ずつ降りて来てくれてありがたや。

IMG_0280.jpg
3機目はかなり高く、背景とかぶらず。でもほぼノートリミングです。

テント持参のおじさんが、F-15が3機来るぞ!と教えてくれました。来ました!が、残念ながらこちらに来る前に右旋回、Loopを抜けて行きました。残念…。6passならず。そうそううまい話はありませんね。

この後、早々におじさん撤収。他の撮影者もいなくなり、またまた一人になってしまいました。お向かいのEastにも人影は見当たりません。天気もいまいちで寒いのですが、まだ予定の5時までには時間もあるので辛抱の時間です。
しかし、F-15の3passで満足したのか4時を回ったところで早退しようかなと気を緩めた瞬間、1602、またまた来ました。Hawk T1です。10mほどカメラから離れたところにいたので、慌てて戻って意地でシャッターだけは切るもののまともな写真はなし。Corris Corneeを回ったところを確認、もう一周するのに賭けます。待つこと約3分、1605来ました。やはり監視を怠ってはいけません。

IMG_0320.jpg
主翼上にうっすらベイパーが出ました。F-15Eでこれを期待していたんですが...。

IMG_0323.jpg
大トリミングしてみました。中丸見えでした。

予定の5時より少し早いですが、バーミンガムまでの移動もあることからここが引き際かなと。途中事故でもしたら何にもならないのでここで5日間の撮影を終了。ギャンブルは引き際が肝心です。周りに誰もいませんし。

下山しながなスナップ写真を撮りつつ日曜日にここに来たのが相当前のように感じられました。何度見ても飽きない風景です。

出発前は坊主も覚悟していましたが、終わってみると辛うじて坊主の日もなく、目標の3機種(F-15E、Typhoon、Tornade)撮影、Cad WestでのF-15Eも撮影と当初の予想より充実した5日間でした。ホテルのオーナーにも言ったように、機会があればぜひともまた訪れて見たい土地です。できれば1か月くらい滞在したいものです。


posted by OKB-51 at 21:28| Comment(4) | LFA7 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月25日

バーミンガム観光

まだ画像のチェックが終わっていないので、さかのぼってイギリス到着時のバーミンガムから。

このときの日没時間は20時過ぎ。未だ外は明るいので、空港敷地内のホテルにチェックイン、荷物を置いて電車でバーミンガム市内へ。

DSC00037-1.jpg
至ってシンプル。ドライヤも置いてませんでしたが、一泊6000円で空港敷地内にあるので選択しました。まどから滑走路も見えます。

途中空港のレンタカー会社のデスクを確認に。なぜか誰もいません。時間ももったいないので駅へ。15分程度でバーミンガム市内へ到着。
DSC00042-1.jpg
行きの電車の中から。建物の色の感じなんかはSwindnに似ている印象。結構地味。

日没までの短い時間ですが観光しましょう。といっても事前準備不足で行先も決めていないので行き当たりばったりです。
DSC00044-1.jpg
この日は長袖Tシャツのうえにジャケット1枚で出かけましたが、寒い。周りの人はほとんど冬の格好です。

DSC00046-1.jpg
この人はコメディ俳優だそうな。

DSC00049-1.jpg
何かは分かりませんが、それらしい建物を撮影。

DSC00051-1.jpg
駅の周りをローラー作戦。そんなに大きな街ではない。

DSC00054-1.jpg
時間があったら運河ツアーとか行きたかったのですが、この時間では主なところは閉まっています。

DSC00061-1.jpg
寒いので大型ショッピングモールに避難。今思えばこの辺でお土産を買っておけばよかった。結局今回イギリス土産はなし。

バーミンガムは観光の街ではなくビジネスの街のようです。ロンドンのように日本人観光客はおらず、アジア系の人もほとんど見かけません。
駅の周りを歩ける範囲でブラブラとしますが、正直あまり見るところも...。それに日本時間で夜中の3時過ぎとあって眠くてしょうがなくなり、1時間ちょっとで再び電車に乗ってホテルへ。
DSC00076-1.jpg
この時間から空港に行く人は少なく電車はガラガラ。

明日の初ドライブに備えて早めに寝ることに。

DSC00083-1.jpg
夕食はスーパーで買ったサンドイッチです。ちなみに後ろに写っているガイドブックにはウェールズもバーミンガムも載っていませんでした。何のために持ってきたのやら。

つづく
posted by OKB-51 at 21:00| Comment(0) | LFA7 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月19日

5/1 Cad West

4日目。最もつらい日になろうとは朝起きたときには予想だにせず...。

DSC00524.jpg
今日は朝からドン曇りです。夜のうちに雨が降ったようで道路も濡れています。当然のことながら朝から気が滅入ります。

火曜日のTyphoonが余りに近すぎて画角に入り切らなかったのが悔しく、もう少し引いたところから撮ろうと二度目のCad Westへ。ホテルのオーナーもCad Westに行くというと喜びます。

DSC00525.jpg
いつも通り0930には撮影できるよう駐車スペースに9時前に到着しますが、小雨も降っているので車中で待機。外は11℃。

0930 小降りになったので上ることに。途中で

DSC00530.jpg
フンコロガシ

DSC00531.jpg
危険生物(その1) 今回見た最大のサイズ100mm。大きさよりも黒い色がグロくて困る。Bwlchのほうが北向き斜面のためか湿気が多く、こいつらがたくさんいます。写真を撮り損ねましたが、危険生物(その2)はダニです。一度食いつかれるとなかなか離さないので注意が必要。幸い噛まれることはありませんでしたが、ホテルに帰ってシャワーを浴びるときにチェックします。

火曜日より少し高いところで陣取りますが、

DSC_0471.jpg
こんなんじゃあきませんねぇ。

昨日と同じくアイリッシュ海から吹く風に乗ってシーフォグがこの谷に流れ込んできます。

DSC_0485.jpg
13時過ぎになると少し大粒の雨が降って本降りに。4日目にして洗礼を受け現実を痛感します。世の中そんなに甘くはありません。気が付くと下のほうにおられた2名様は居なくなり、昨日と同じくまた一人に。地球の裏側まで来て一人になると何となく不安になります。

DSC_0483.jpg
1400前になると風向きが変わってきてシーフォグが徐々に海側に押し戻されていきます。しかし雨は相変わらずひどいもの。現地滞在中最もつらい瞬間となりました。

しかし、それを知ったうえでここに来たし、他にすることもないのでもちろん耐えます。2時間深い霧に耐え、さらに続けて2時間雨にも耐え、ようやく15時過ぎになると雨が止んできました。しかし今度は低い雲、遠くに青空も見えたので、これにも耐えます。

DSC_0490.jpg
1528

DSC_0492.jpg
1600

DSC_0494.jpg
1650

DSC_0495.jpg
1655 日が照ってきました。これぞイギリスの天気。

さて、これからと期待しつつも、さすがに今日は坊主だと覚悟し始めた1719。来ましたHawk T1Aです。

IMG_9910.jpg
8時間待ってなんとか坊主は免れる。

IMG_9924.jpg
今日はゴーヨン+5Dで撮っています。ノートリでこんなもの。

IMG_9925.jpg
一杯になるようにトリミングしてみました。後席さんこちらに気付いたようです。

IMG_9953.jpg
Corris Cornerを曲がると見せかけて...

IMG_9961.jpg
右に舵切ってLoopを抜けていきました。期待した2週目はなし。いないとは思いますが、同じようにCorris Cornerで粘っていた人がいたら泣いているでしょう。

背後にそびえるCadair山頂に日が隠れ、光もなくなることから、ここでついに諦め下山。

IMG_9964.jpg
お向かいのCad Eastではまだ粘ってます。このチキンレースこちらの敗けです。

IMG_9966.jpg
さいなら

DSC00535.jpg
下山前にコンデジのパノラマ機能で撮ってみる。なかなかよくできた機能。

対向車がすごく飛ばすので、駐車スペースから湖側に出るのを避けてDolgerau側に一度出ることに。途中で向きを変えてホテルに向かう車中、手元の時計で1908、運転席からRAFのハークが北からループに進入を確認。こんな時間に?

ホテルのオーナーについさっきHerculesが通ったぞとか聞かれるも、今日はOnly one passとしか笑うしかないです。Eastの2人はこれを仕留めて下山したことでしょう。

辛うじて坊主は免れたものの、試練の1日でした。慰労を兼ねて、

DSC_0499.jpg
ビール。

DSC_0500.jpg
チキンカレー。これはなかなか。その前にはいつものムール貝。

DSC_0501.jpg
ここでの最後の夕食なのでデザート。食べ過ぎ...。

つづく
posted by OKB-51 at 21:34| Comment(2) | LFA7 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月18日

4/30 Corris Corner

いつもと同じく外が明るくなり始める4時半頃、自然と目が覚めます。

DSC00469.jpg
目覚まし時計もテレビもネットもない生活も悪くないものです。ただ、天気予報がわからないのが辛いところ。
霧が少し出てますが、徐々に抜けが良くなってきています。空も晴れているので今日も天気は期待できそうです。(いまのところは…。)

DSC_0447.jpg
一人だけのレストランで朝食兼昼食。

Bwlch、Cad Westと続き、今日は予定の3つめのポイントCorris Cornerを目指します。(相変わらずホテルのオーナーはCad Westを強く推薦してきますが)

写真を撮りながらちんたら登ったので40分ほどかかりましたが、この辺かなというところに陣取ります。

DSC_0449.jpg
辺りは羊の糞だらけです。とくにCorris Cornerは多かったような。あまりの多さに避けて歩くのを諦めます。不可能です。

一服していると湖の上をアイリッシュ海から吹いてくる風に乗って霧が谷に流れ込んできました。嫌な予感。

DSC_0451.jpg
1016 あっという間にこの通り。5-60m先すら見えない状況に。

霧が深くなったところで一人だけ下のほうにいた同業者さんは早々に撤収。午前中で早くも一人になってしまいました。崖から落ちても誰にも発見されんのか?とつまらん心配をしてしまいます。

DSC_0453.jpg
こんな視程では何も飛んでくるはずもなく、諦めて昨日スーパーで購入した昼食の板チョコとゴートチーズを頂ます。ゴートチーズは独特の臭みがあって旨いです。65gはちょっと多いですが。

深い深い霧の中を2時間耐えてようやく明るくなってきました。

DSC_0454.jpg
1150 

DSC_0456.jpg
1152 

DSC_0458.jpg
1205 目まぐるしく天候が変わります。

A36F7406.jpg
1254 前々からscannnerに電波の入ってくるF-15E。2機で湖奥を南に抜けて山の裏側を回り込んで行きます。Loopに入ったかと期待して待機しますが、5分たっても現れず。Loopには入らなかったのかもしれませんし、Bwlchを通過した後右に旋回してLoopを抜けてしまったのかもしれません。(どうやら入らなかったようです。)

これは今日はないなと諦めかけていた時C-130がすぐそこに。しかも2機。

A36F7438.jpg
1441 海側からの風で音も聞こえず、危うく撮り逃すところでした。とりあえずこれで今日も坊主は回避。

A36F7454.jpg
月曜日にBwlchでも撮った"674"。

A36F7503.jpg
2機目。機体が大きいのと、近くを通過したので背景としての湖は今一つ。残念。今日はゴーヨン+Mk4の組み合わせ。5Dにしとくべきでした。

さて、再び長い長い試練の時間の始まりです。

今日はアイリッシュ海から湖を抜けて風が吹いて来るので風下からの接近がすごく分かりにくいです。(監視を怠るのがそもそも良くないのですがね)。

C-130から2時間強経過。待つことと、海側からの冷たい風に耐えきれなくなり、レインパンツを履こうと思い一瞬持ち場を離れ、気になってCad West側を振り返ったら黒いカラス?いえHawk T2です。ビデオはあきらめ辛うじてシャッターだけは切る。

A36F7553.jpg
1702 ピンもあっていませんが、湖を絡めたHawkを。結局、湖を背景にした思うような絵は今回撮れず。悔やまれます。

2週目に期待して2分後にビデオのスイッチを入れて待機。RAF Valleyの4SQの機体。

A36F7581.jpg
1705 来ました。

A36F7592.jpg
羊を絡めて。

しばらく待つこと30分。

A36F7637.jpg
1734 またまたHawk T2。同じく4SQ。

A36F7652.jpg
結局この日のLoopはこれで終わり。

諦めがだんだん悪くなり、1820まで待って下山決意。

DSC00500.jpg
羊にも、「はよかえれや」と見送られ。

まだまだ外は明るいのでMachynllethの町に行ってみることに。

DSC00512.jpg
すごく小さい町です。路肩に駐車して町のメインストリートを撮影。

DSC00514.jpg
前々から見ておきたかったこの町のシンボルの時計台。バーミンガムから運転してここのT字路に到達した日曜日を思い出します。時刻は1916ですが、なんか時間ずれてない?

DSC00521.jpg
今日はホテルで夕食です。ここに来て2度目のムール貝。

DSC00523.jpg
今日はステーキです。お茶わん一杯ぐらいのマッシュポテトと白/赤ワイン1杯ずつはさすがに多かった。ここに来てからというもの食べ過ぎの日が続く。

食べた後はバッテリーの充電とデータのバックアップ作業が待っていますが、うれしいことにRIATのようなつらい作業はここでは無縁です。シャワー浴びて早々に寝るだけです。

つづく
posted by OKB-51 at 01:41| Comment(4) | LFA7 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月16日

2014年の予定

ようやくBIの日程が発表されたのでこちらの日程を考えてみました。今年は例年以上に西方シフト。ここから関東へ足を延ばすのはかなりしんどいです。Machynlleth Loopで結構追加出費があったのもあります。

0% 5月25日 静浜基地航空祭 (別の所要あり欠席)
10% 6月1日 防府基地航空祭 (BIも16もなさそうなので)
60% 6月 8日 美保基地航空祭 (何度も雨で泣かされたので久々に)
20% 9月 7日 三沢基地航空祭  (サプライズの機体があれば検討)
100% 9月20日 小松基地航空祭  (縄張りの範囲内なので確定)
10% 9月28日 浜松基地 エア・フェスタ浜松2014 (遠いので)
20% 調整中 百里基地 航空観閲式 (中に入れません)
0% 11月 3日 入間航空祭 (関東は遠い)
0% 11月16日 芦屋基地航空祭 (築城/新田原を優先)
100% 11月30日 築城基地航空祭 (去年が良かったので)
100% 11月??日 岐阜基地航空祭  (縄張りの範囲内なので確定。他と重ならないことを祈る)
100% 12月 7日 新田原基地航空祭 (一年の総括であり、忘年会があるので)

空気の良い秋口から冬にかけて集中するのはうれしいのですが、上期の間に技量の維持ができるかどうかが課題です。何か入れるかもです。
確定行事最初になる小松ですが、今年も土曜開催とか。BIの予行に行けそうもないのが残念なところ。
築城は久しぶりに去年行きましたが、土日合わせたボリュームとフライトの内容から今年も。
一年の終わりはやはり新田原です。年々写真以外の比重が高まりつつありますが、写真以外の楽しみが増えた証拠。地鶏は外せません。
posted by OKB-51 at 21:20| Comment(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする