2018年04月16日

2018-01-04

さて撮影3日目になりました。未だゼロパスが続きますが、今日こそはと期待したいところです。

IMG_1565.jpg
朝は定番のこれ。ゆっくり食べて駐車場まで車を走らせます。

しかし雨が降ってなかなかやみそうもなく時間ももったいないので海岸沿いの街Barmouthに行ってみることにしました。

0S9A6710.JPG
Coopでお土産用のお菓子を買い占めます。

0S9A6715.JPG
夏にはリゾート地としてにぎわうこの海岸もこの雨と風ではだあれも歩いていません。

IMG_1567.jpg
再び撮影ポイント駐車場に戻ってきましたが、お昼を過ぎてもこの状態。既に1243ですが、車から出られず...。ここで今日は断念して観光に切り替えます。この時点で3連続坊主が確定。

0S9A6719.JPG
目的地まではひたすら狭い山道を車で走ります。途中風景写真を撮りながら。

0S9A6723.JPG
くねくね山道を30分ほど走らせて目的地の湖到着。青空も見えてますが、飛行機のことはあきらめるためScannerのスイッチはオフにしておきました。

0S9A6752.JPG
ここは有名なダムのある湖。

0S9A6739.JPG
LFA7に位置しており、この上も飛行機が通過する撮影ポイントであります。

0S9A6746.JPG
ダムから水が放水される川を。水が真っ黒く見えるのは気のせいでしょうか。

IMG_1571.jpg
いつかはここで撮影をと考えていたのでちょうどよい下見なりました。

IMG_1569.jpg
遅めの昼食です。湖の名前Vyrnwyは”ヴァーンウィ”と読むのだそうです。お店の人に教えてもらいました。ウェールズ語の読みは難しい。

0S9A6786.JPG
ホテルに戻ってきました。まだ1647ですが、既に真っ暗です。

真面目に撮影している春夏シーズンはこんな時間にDolgellauの街をあることもないのでお土産がないか探してみましたが、いわゆるお土産屋さんがこの街にはありません。かろうじて小さいおもちゃ屋さんで見つけました。

IMG_1689.jpg
マグネットとコースターです。コースターは英語バージョンとウェールズ語バージョンの二種類ありましたので、ウェールズ語のものを購入。ようやく町の名前の入ったお土産が手に入りました。

IMG_1576.jpg
寝る前に明日のお天気。雨ではないようですが...。あと一日。

つづく
posted by OKB-51 at 23:28| Comment(0) | LFA7 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月18日

2018-01-03

花粉も大量に飛び始めすっかり春ですね。
今年も日曜の朝早起きしてHNDに富士山バックの上がりの絵を撮りに行きましたが、なかなか休みと快晴のタイミングも合わず撮れたのはせいぜい下の一枚ぐらい。この頃は霞もひどく富士山は見えず風向きも南からの風に変わりはじめ、今シーズンももう終わりやろうかと諦めモードです。
0S9A6956.JPG


さて続きです。
撮影2日目です。と言っても結論から言うとこの日もノーフライト…。

IMG_1541.jpg
0817 まずは朝食を今日は目玉焼きでなくスクランブルエッグに変えてみました。日によって品目は変わりませんが、それぞれのボリュームが変動するのは気のせい?
そういうちっちゃいことは気にしない。


IMG_1542.jpg
0839 雨は降ってないものの光が少なすぎ。


IMG_1545.jpg
0912 誰もいない駐車場に車を停めて出発。写真ではわかりませんが結構な強風です。


IMG_1549.jpg
0943 30分ほどで到着。寒い…。


IMG_1553.jpg
今日は真面目に機材をセット。光もそこそこあるので撮れそうです。来てくれればの話ですけど。


書くこともないので、中略...。

IMG_1558.jpg
この日はインド料理屋へ。


IMG_1556.jpg
Cobra Beerと


IMG_1557.jpg
おっさんが青いビール(ビールなはずないし)といったこれと


IMG_1559.jpg
IMG_1560.jpg
口直しにホテルのバーでAmstelなど2杯飲んでこの日は終わり。


ということで今日もヒコーキの写真なし。残り二日。

posted by OKB-51 at 21:35| Comment(0) | LFA7 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月12日

2018-01-02

久々の更新です。

英国2日目1/2の朝。

IMG_1513.jpg
いつものBBCの天気予報。晴天は望めそうもございません。


IMG_1514.jpg
それはそれで朝食を頂きましょう。
0812注文の品が出てきました。
量が多いのでトーストはお断りしました。何度食べてもなぜか飽きない。ここのホテルの朝食は朝8時からとほかのB&Bに比べると遅いのが難点ですが、この時期日の出が8時半ですのでその点は問題ありません。GWの時は早めに席についてオーダーして、ささっと食べる必要ありですが、オフシーズンでもあり客も他に少ないことからゆっくりと頂きます。


IMG_1515.jpg
0906目的地駐車場に到着。悲しいお天気です。どおにもこおにもならないのでスキャナーのスイッチだけ入れて待機(寝る)


1154雨が上がりました。スキャナーは静かなものですが、まずは行ってみましょうということで準備開始。


IMG_1520.jpg
1223 出発。


IMG_1522.jpg
1255 30分ほどで到着。やっぱり誰もいない…。日本なら在日米軍基地は本国のカレンダーで行動しているので、撮影者でごった返しているものですが、そういうものではないのでしょうか?
初年度の秋に来た時を思い出す悲しい風景です。


IMG_1525.jpg
1325 お正月でもあり、日本から持って来た丸餅をストーブで焼いてみましょう。日本人初の偉業を成し遂げた感で勝手に一杯になります。ストーブのガスボンベはスーツケースにも入れられないので、英国初日にリバプールのアウトドアショップで購入。すぐに指摘されるとは思いますが、スーツケースにボンベは入れないようにしましょう。
ささやかなお正月でした。


しかし、お天気もこの状態、スキャナーの反応もないし、英国の祝日でもある元日の次の日でもあることからこの日はフライトはなかろうとそうそうに下山。結局撮影機材も出しませんでした。昨年は1/3にベルギーのF-16が飛来しており、残り3日に期待。


IMG_1533.jpg
夕方4時にはホテルに戻りました。4時ですでにこの暗さ。


IMG_1538.jpg
夜はホテルのレストランでフィッシュ&チップスを。宿泊客は少ないものの他のお店が閉まっていることから、地元の人と思われる客で満席でした。カレンダー上は休みではありませんが、やはりまだ冬休みのようです。


IMG_1536.jpg
WIZARDと


IMG_1539.jpg
STELLAを飲んで今日はおしまい。


ということで飛行機の写真なし。

つづく



posted by OKB-51 at 23:22| Comment(2) | LFA7 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月12日

2017-12-30〜2018-01-01

既に1か月が経ってしまいました。早いものです。

出発は翌日12/31ですが、家にいてもすることもないので、NRT前泊の予定で12/30お昼前出発。

CJ8I1631.JPG
NRTのデッキで撮影。初めてでしょうか。条件はHNDより厳しいですね。

CJ8I1638.JPG
日も傾いてきました。既にこの時点で寒いと感じるようでは先が思いやられるのであります。

CJ8I1644.JPG
さすが成田です。珍しいのがたくさん下りてきます。

CJ8I1673.JPG
日も傾いてきました。

CJ8I1684.JPG
まさかここから富士山が見えるとは思っておりませんでした。駐車場の電灯で串刺しになっていたのが悔やまれます。

CJ8I1756.JPG
夕食の後は再びデッキで流し撮り訓練をと思いましたが、HNDのようなワイヤーフェンスでなく、20cm角程度の枠しかないのでレンズを振るのが非常に難しくすぐ断念。

IMG_1387.JPG
今日はここに宿泊です。

IMG_1385.JPG
もちろん初めてです。これまで泊まったどのカプセルより格段にきれいでスペースも広く快適でありました。

IMG_1380.JPG
荷物も余裕で入るロッカーがあります。空港にあるだけあってこの点はばっちりです。

明けて12/31大晦日。年末年始を国外で過ごすのはこれが初めてです。出国のピークは既に過ぎているのかそれほど混雑はしておりません。

IMG_1395.JPG
今回は日程に余裕があるので、いつものsky team系を裏切って、コスト優先で香港の会社にしました。

IMG_1423.JPG
早速早めの夕食です。

IMG_1420.JPG
台湾を目指します。この機は成田→香港となっていますが、同じ機材で途中で台湾に寄るフライトになっています。

IMG_1442.JPG
台湾の街です。

IMG_1450.JPG
機材は同じものを使用しますが、ここで一度全員下りて空港で待ちます。パスポートのチェックはなし。台湾の規則だそうです。

IMG_1453.JPG
一時間ちょっとの台湾で土産をちょっと見る程度しかありませんでしたが、初台湾でマグネットのコレクションを一つ増やすことができました。
今まで知りませんでしたが、このように同じ機材を使うケースをトランジット、機材が変わる場合をトランスファーというのだそうです。

IMG_1458.JPG
台湾を出た後早速二度目の夕食です。苦しいけど勿体ないので平らげる。

IMG_1470.JPG
ほどなく香港に到着。このあと同行者と合流してラウンジでビールを飲んで年越しを迎えます。

IMG_1474.JPG
曼徹斯特(Manchester)へ向かいます。この場合の中国語の表記は発音で充ててますね。

IMG_1479.JPG
日付変わって1/1元旦 0611 UK上空、MANまでもう少しですが、まだ真っ暗です。日の出が0830頃なので当然です。

IMG_1482.JPG
0636 飛行機を降りて入国審査を目指します。

IMG_1485.JPG
0728 荷物を受け取ります。入国審査そのものは過去にないほどあっさりクリアしましたが、香港からの便とあってNON EUの乗客が多く、当然待ち時間は長くなります。いつものようにCDGやAMSからだと大半はEU圏の乗客でしかも機体が小さいので、同じ便でNON EUの列に並ぶのは3-4人ですが、今回はB777で香港からの便とあって、30分は列で待ったでしょうか。

IMG_1486.JPG
荷物を受け取って早速いつものレンタカー屋に電話をしますが、ターミナルがいつもと違うのでピックアック場所も違って少し戸惑いました。ターミナル1の駅の出口を目指して移動します。

IMG_1490.JPG
なんやかんやで既に0757。すっかり明るくなってきました。次回GWのときは同行者は今回と同じCXの便で0610にMAN着予定ですが、こちらはAF便で0830着なので合流するまでにそれほどお待たせすることはなさそうです。

IMG_1491.JPG
0827 迎えの車でレンタカー屋に到着。今日は文句なしの良い天気のようです。

IMG_1492.JPG
今回はドイツ車のようです。

IMG_1504.JPG
すっ飛ばしていつものDolgellauの街のRoyal Ship Hotelに到着。

IMG_1507.JPG
まだ1631ですが、この暗さ。天候もそうですが、日照時間が短いのが撮影にとってつらいところです。

IMG_1506.JPG
明日の準備。これを着て担いで歩くと思うとゾッとします。荷物は15.8kgになりました。
(撮影機材)
ゴーヨン/100-400/広角
カメラ2台
メイン機の予備バッテリ
フォトストレージ
ビデオ
スキャナー
バッグ、レンズ用雨具
(その他)
水筒(ホットコーヒー用)
昼食
椅子
日焼け止め
カイロ
(服装 MAXで雨具含めて下は4枚、上は6枚着こみました。)
厚手のヒートテック(超極暖)上下
雨具上下
ネックウォーマ
ダウンジャケット
手袋

IMG_1508.JPG
夕食。撮影の次の楽しみの一つに飲み食いがあります。肉が主役なのかマッシュポテトが主役なのかよくわからない夕食。ビールはCarling。翌日に備えて早々にお休みしました。

続く
posted by OKB-51 at 22:13| Comment(0) | LFA7 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月22日

2017-05-05(Day 6 最終回)

撮影最終日です。

IMG_0923.jpg
0638 定点カメラから。疲れがたまってきたのかだんだん起きる時間が遅くなってきます。

IMG_0925.jpg
今日も風は強そうです。

IMG_0926.jpg
またまた被害にあいました。今回は足元から上がってきたのでしょう。幸い発病はしませんでした。

IMG_0928.jpg
今思い出しても食欲が湧いて出てくる写真です。焼きトマトにソーセージ、メインはベーコン。

IMG_0930.jpg
0846 今日のポイントの駐車場に到着。出来過ぎの天気です。ありえん...。

IMG_0940.jpg
同行者の話のタネに直行ルートで登ります。写真では斜面がいかに急であるかが伝わらないのが残念です。

IMG_0964-1.jpg
汗だくになって登り切った所に、ほどなくして迂回ルートを使って英国人紳士が一人登ってきました。初日のManchesterおじさんと打って変わって物静かな紳士です。真ん中に写っているのが彼です。RAFの旗を持参して草に括り付けていました。
いろいろお話しましたが、「金曜日は3時過ぎたら来ないよ」と最終日には辛いお言葉。

IMG_0970.jpg
夏には食べられる実がなることでしょうが、このとおりまだ花の状態です。

IMG_0979.jpg
1509 来ませんねえ〜。
英国人紳士は予告通り15時過ぎには手を振って下山していきました。日本から来た以上ここで下りられるわけもなくひたすら強風に耐えます。

IMG_0984.jpg
定時の1900には早いですが、スキャナーも反応がなく、マンチェスターへの移動もあるので1800で見切りをつけて下山決意。下りは迂回ルートを使います。

IMG_0990.jpg
下まで下りた辺りにちらほらと紫色の花が。

IMG_0993.jpg
満開までもう少しです。

IMG_1001.jpg
マンチェスターまで戻っても一人で夕食を取るだけなので、Dolgellauまで戻って、前々から気になっていたこのお店に行くことにしました。

IMG_1002.jpg
これです。
缶コーラ付けて6.3ポンド。ファストフード感覚ですね。
金曜日とあってか小さいお店に10人近くのお客さんが。基本的にはテイクアウトですが、店内には小さいテーブルが2つくらいあって中で食べることもできます。
揚げ物とコーラという組み合わせは別として、タラ自体の味もよく満足のいくフィッシュ&チップスでした。また行きたいものです。

フィッシュ&チップスを平らげマンチェスターのホテルに向かいます。

IMG_1005.jpg
第5シーズンは40パス-坊主-5パス-坊主とこれまでにない荒れた結果に終わりましたが、それでも一日平均は二桁。それに雨なし。奇蹟です。
また来年もレッドドラゴンの国に来ることでしょう。

おわり
posted by OKB-51 at 22:32| Comment(0) | LFA7 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする