2020年07月14日

2020-07-12 HND

1か月ぶりの更新です。
久々にカメラを持ち出して最近オープンした羽田イノベーションシティからの絵がどんなものか視察に出かけてきました。


0000011.JPG
まずは足湯スカイデッキから。日は照っているものの雲も中途半端で視程もよくないので、青空に入道雲がもくもく浮いている背景を想像することにします。

0000012.JPG
夜の撮影も楽しめそうです。この施設夜は何時まで入れるのでしょうか。混まないうちに来てみますかね。

0000013.JPG
今回は100-400一本で撮っています。
足湯スカイデッキは日を遮るところがないので30分ちょいでギブアップ。まだ商業施設がオープンしていないせいか人は思ったより少なめでしたが、この先は人が一斉に増えそうです。

0000015.JPG
足湯デッキから降りてバス停側に下ったところで撮影。こちらは夜間撮影できれば面白そうです。調べてみることにしましょう。

0000016.JPG
もう少し夏らしい雲と空の元もう一度撮りたい。

0000017.JPG
こちらも夜三脚を据えて撮ってみたいところ。

0000018.JPG
さて場所を国際線ターミナルに写しての撮影です。A滑走路への着陸機をビルを背景に。

0000019.JPG
C滑走路への着陸機を背景に。クルーズ船からの撮影もどのようになるのか楽しみです。

0000020.JPG
A滑走路への着陸機を撮ったところで暑いので撤収。マスクをしているとさらに暑く感じてしまいます。そのうちマスクの日焼け跡が付きそうです。

このほか国際線ターミナルからB滑走路からの離陸機も撮れますが、今回はいい絵が撮れなかったので割愛です。787を狙ってましたが、足が離れるのが遅く建物の陰から出てこないといった場面も。
まだまだポイント探しで楽しめそうです。暑いので次は久々に三脚を持ち出して、夕方からにしましょう。
久々にカメラを使用したため、ボタン操作もすっかり忘れてしまい思い出すのが大変でありました。

そのほか。

0E0A7175.JPG
写真撮ることもないので最近は模型のほか、IPA(India Pale Ale)なんぞにはまってしまいました。こういう濁ったHazy系に特に。また金のかかる趣味が一つ増えてしまいました。

IMG_3894.JPG
土豚さんはデカール貼り工程までたどり着きましたが、少しトーンダウン。機体上面の"NO STEP"を何十枚も貼っていく作業は思った以上に苦痛なのです。
posted by OKB-51 at 00:25| Comment(0) | LFA7 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月07日

久々の更新

千歳の記事依頼の更新となります。なぜ更新しないかと言うと撮ってないからです。過去に途中で放置したものを見直すとかすれば良いのですがね。羽田もフライトが少ないので今月は満月も見送りに。機材も使われないまま防湿庫の肥やし状態です。
ここまで更新しなかったのもないと思いますので、ここいらで更新して生きていることを生存報告をしたいと思います。

1 機材繰りの検討(妄想)
今年はメイン機の更新を予定しており、新機種が発売になるタイミングで下取りに出して機種更新をする予定でした。しかし、新型コロナウイルスの影響で撮影の機会もなくなってしまったため、現行機を持っていても使うこともなく、買取価格も下がるばかりのため、新機種発売前にメイン機を売りに出す(委託販売)ことにしました。まだ売れてませんが…。
当面はサブ機1台のみとなりますが、このまま撮影の機会がないのであれば、新機種が出てもしばらく様子見とするかもしれません。
といったことを考えて過ごしています。

2 積みプラ処理
0000006.JPG
発売時には入手できませんでしたが、年始にネットで拾ったAMK(Avantgarde Model Kits)のMiG-31BM。精度も高く実に作りやすいキットでした。大陸系のメーカからは新しいキットがたくさん発売されています。日本のメーカからの新しいキットにも期待したいところです。

0000005.JPG
TAMIYAのF-14A。普通過ぎるかもしれませんが、Jolly Rogersを選択。さすがTAMIYAと思うほどの素晴らしい精度でストレスなくサクサクっと作れるキットでした。今度はD型でGrim ReapersのCAG機を作ってみたいと思うのですが、スケールを1/48で統一しているので置き場所確保ができないと難しそうです。

0000002.JPG
TAMIYA付属のミサイル。デカール貼りに一晩を要しました。

0000001.JPG
冒頭のMiG-31BMと同じAMKのF-14D。作りやすいとは言いがたいですが、作っていて楽しいキットです。塗装工程の途中です。

0000003.JPG
在庫を処理している間にまた手を出したしまったHobby Bossの「土豚」。こんだけでかいと艦載機には不向きというのがよく分かります。(左は同じく1/48スケールのF-14B)
一晩でほぼパーツをばらして仮組までこぎつけました。初めてのメーカでしたが、精度のほうは悪くないようです。


コロナの影響で家で模型を作る人が増えたようです。GWなどはお店に行っても白や黒などの基本色の塗料やマスキングテープなどの用品が軒並み売り切れといった状況が見られました。未だに一部の用品は在庫切れが続いています。

3 本
3.1 ヒコーキ写真テクニック 2020 SS
以前ほど「参考にならない」と言う声は聞かなくなったような気のするこの本。参考にはなりませんが、やる気を起こさせてくれる本です。その割には手に入れてから3回くらいしか見てませんが、…。次回入賞を目指して撮り続けたいと思います。

3.2 文字の多い本
久々にこの手の本で文字数の多い本を買ってみました。アメリカ空軍のF-22に至るまでの歴史本と言ったらわかりやすいでしょうか。

0000004.JPG
現在上巻を2/3ほど読み終えました。F-22が出てくるのはまだまだ先です。


去年のように撮影ができる日が早く来てほしいものです。
posted by OKB-51 at 19:18| Comment(0) | カメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月24日

2020-01-26 CTS

さて二日目日曜日です。

IMG_3716.JPG
再び生コンポイントにやってきました。夜に雪が降ったようで前日とは違った風景が広がっていました。

0E0A4511.JPG
なぜここで流し撮りをしたのか今もわかりません。SS1/50で撮影。背景を流すとせっかくの雪の積もった木々が見えなくなってしまうのでここはSS1/1000だろうと今になって思います。

0E0A4617.JPG
ついて早々は光も回っていませんでしたが、徐々に明るくなってきました。見てのとおり寒いのでした。

0E0A4701.JPG
SS1/40で撮影。やはり雪煙を写しこむには高速シャッター。撮り直したい...。

0E0A4707.JPG
これも撮り直したい一枚。

0E0A4723.JPG
手前のB滑走路を入れないように、背景の山を裾野まで入るように撮ってみました。ちょっと上が空きすぎてバランスよくないでしょうか。

0E0A4823.JPG
A350をSS1/1000で。脚立の上からの撮影。思ったより体力を消耗します。やはりバランスを取るのにいろいろなところの筋肉をつかっているのでしょう。

0E0A4828.JPG
昨日に続き晴天となりました。JALの赤がよく映えます。B777に比べると雪煙は大人しめでしょうか。

0E0A4870.JPG
山バックの離陸。翼端からのベイパーも手伝ってくれました。

0E0A4943.JPG
背景の白と対照的なAir Asiaの赤。

0E0A5016.JPG
この頃になると背景の山もすっきりと見えるようになってくれました。まだ機体の表面は凍っているようで機体の紫色もやや白っぽく。

0E0A5100.JPG
撮影も終盤。これを撮っておしまいです。

IMG_3727.JPG
空港に移動後はこれです。昨年同様”次”があるのでハーフサイズに。

IMG_3728.JPG
次はこれ。どのお店にしようか迷った挙句、塩ラーメン。頼んでから気がついたのですが、去年と全く同じお店で同じラーメンでした。



posted by OKB-51 at 18:52| Comment(2) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月23日

羽田沖クルーズツアー(第4回)

2/1のリベンジに今年3回目となるツアーに参加してきました。

0E0A5978.JPG
のちのちR/Wが変わりましたが、ツアーの前段は南風運用となっていました。

0E0A6014.JPG
スカイツリーを意識して撮ったのですが、残念ながらクレーンに隠れてしまう。

0E0A6046.JPG
第2ターミナルからの撮影だと機体はかなり小さくなってしまいますが、この位置からであると200mm程度でこのくらいに写せます。

0E0A6155.JPG
本日も快晴とはいえ視程は今一つです。富士山のうえは雲もなかったのですが、なかなか条件がそろいません。花粉やら黄砂も飛び始めてくるので冬のクリアな空もそろそろ終盤でしょうかね。

0E0A6188.JPG
ほどなく北風運用に変わりました。富士山はと言いますとこのとおりもやっと。

0E0A6192.JPG
船首側で撮っていましたが、縦にも横にも揺れるため立って撮ることができません。デッキに座って撮るのが基本です。気を抜くと転落するので気を付けましょう。もちろんライフジャケットの着用は義務付けられております。
あまりモニターをのぞき込んでいると船酔いの元ですので気を付かないといけません。

0E0A6293.JPG
メインターゲットは残念ながらタイミングが合わず富士山と絡みませんでした。

0E0A6644.JPG
タイが上がるとこのツアーも往路へと移動開始します。C滑走路沖から管制塔と富士山を。今回は前半が南風運用で途中から風向きが変わったため、楽しみにしていたA/C滑走路に進入してくる機体の海レフは撮れませんでした。

0E0A6703.JPG
富士山との絡みはこれでおしまい。前回の写真と比べると視程の状況と違いがよくわかります。

0E0A5121.JPG
(前回の写真)

天気、休日、ツアー開催日それに視程の条件がそろうのはそうそう簡単なことではありません。予約も早めにしておかないといけません。すでに花粉で鼻水が止まらん状態です。今シーズンにチャンスがどれだけあるのでしょうか?

posted by OKB-51 at 23:43| Comment(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月16日

2019-12-14 新田原

2か月も前のお話につき手短に。
まずは初日の土曜日から。

CJ8I4135.JPG
新田原のいいところの一つ背景に山が入るところ。ハイレートでブラストが山にかかるところを狙います。

CJ8I3733.JPG
縦写真に拘る。

CJ8I3994.JPG
新田原まで追っかけてきました。

CJ8I4184.JPG
腹写真はあまり好きではありませんが、

CJ8I4193.JPG
縦写真2。ベイパーにレドームの塗装斑がよろしい。

CJ8I4211.JPG
縦写真3。腹写真になってしまいましたが、A/Bが手伝ってくれました。

CJ8I4261.JPG
定番のアングルですが、15がかっこよく見えるアングルであると個人的には思っています。翼面の2色の塗分けも順光でないとはっきり映りにくいです。

CJ8I4294.JPG
日に照らされて機体がテカる。

CJ8I4621.JPG
この立ち位置はベストではなかったですが、正解だったのかもしれません。

CJ8I4755.JPG
晴天順光で撮れたことに感謝。

CJ8I4880.JPG
背中とストレーキから発生するベイパーを頂きました。機体の塗装斑もいい感じに。

CJ8I4970.JPG
今年は各地でベイパーを出してくれました。ありがとうございます。

CJ8I5053.JPG
近すぎるんですけど...。

CJ8I5234.JPG
横で撮ったのですが、左右が余り過ぎたので縦にトリミング。

この後は恒例の地鶏。宮崎市内の有名店を5時から予約。久々に地鶏を堪能することができました。残念ながら撮るのを忘れて写真はありません。

つづく
posted by OKB-51 at 20:14| Comment(0) | LFA7 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする